アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 03日

秩父夜祭

秩父夜祭行ってきた。
夜祭は300年の歴史があって、大きな山車を引き歩く祭りとしては京都の祇園祭、飛騨の高山祭と共に日本三大曳山祭りと言われています。

メインは威勢のいい屋台囃子に合わせて引き回す豪華な屋台(山車)と1万発の花火。
仕掛け花火も豪華です。

チャリでトレーニングがてら実家に行く。
大通りは車両通行止めでけっこうな人出。
夕方、会社のY君を駅に迎えに行く。

c0070357_23375001.jpg

駅前広場に宮地屋台がいた。

c0070357_23375015.jpg

街中出店の屋台だらけ。
鶏の唐揚屋とか鮎の塩焼き屋とか、しばらく来ない間に屋台の種類も増えました。


c0070357_23375147.jpg

山車を引く人。みんなこんな格好してます。
「宮」は宮地の人達。


c0070357_23375167.jpg



c0070357_23375116.jpg

出店の屋台。これはダーツ屋
日本中のテキ屋が大集結したと言ってもいいでしょう。


c0070357_23375237.jpg

射的屋。
僕が小学生の頃は牛女とかヘビ男とか、身体的に障害を持った人を連れてきて見せ物にしているテントが毎年出てた。
今の時代ではとんでもない差別です。当然無くなりました。


c0070357_23375266.jpg

肉の安田屋のイノシシ。
今年も活きのいいのを仕留めたようです。
ちなみに屋台ではありません。


c0070357_23375276.jpg

午後7時、山車が動き始めました。


山車を一通り見て実家に戻って飯。
8時に花火が始まりました。
2時間かけて1万発。


c0070357_23375354.jpg

実家からもけっこう見えます。
最後の方は煙だらけでよく見えなかったです。


Y君を駅に送る。
普段ガラガラの秩父鉄道。
今日は駅の外まで100mの行列ができていた。
Y君を見送って戻る時には乗車待ちの列が200m位に伸びていた。

秩父鉄道も年に一度のかき入れ時。
実家が市内でよかった。

午前3時。
ドコドコドコドコドコ・・・と屋台囃子の大音響で目が覚めた。
下郷屋台が屋台蔵に戻るため実家の前の道を通る。
こいつは人気があるので祭の間もなかなか近づけない。

c0070357_23375345.jpg

白木の二階建てで絢爛豪華な下郷屋台だけど暗くて良く見えん。。
ちなみに昨日の写真のやつです。


c0070357_23375367.jpg

あと500mだ、がんばれ!!
その後しばらく深夜の寒空に屋台囃子が鳴り響いていた。
これほど近所迷惑なモノは他にないだろう。。
道路を塞いで往来を妨げた上に真夜中の大騒音は暴走族以上だ。
でも年に一度の祭だから許されます。


一番楽しそうなのは屋台を引く人達だ。
最後まで盛り上がっていた。
自分も参加したいけどけっこうな金がかかるのと、昔からやってないとなかなか仲間には入れてもらえないらしい。。

c0070357_23375397.jpg

今年は史上最高の31万5千人の人出だったとか。
本当に4~5倍の人口増。


下郷屋台が帰ると祭は終わり。
いよいよ秩父に本格的な冬がやってきます。
[PR]

by sekinao1 | 2005-12-03 16:00 | 秩父のこと


<< カーテン      秩父夜祭 前夜 >>