カテゴリ:奥秩父( 4 )


2012年 09月 09日

大菩薩嶺登山

せきなお登山ブーム到来。

今日は夕方に秩父へ行くとして、午前中サクッと登山したい。
せっかくならブーム?に乗って百名山。

・・ってことで丹沢か迷ったが、山梨の大菩薩嶺へ登ることにする。

山梨ならそのまま雁坂を経由して秩父へ帰れるので好都合。

都内宅を5時半に出発、中央道を走って7時過ぎに裂石温泉先の丸川峠分岐登山口駐車場到着。
駐車場はまだ2~3台。
c0070357_23284168.jpg


さっさと支度して歩き出す、7:33。

最初は林道。
c0070357_23284211.jpg


程なくして登山道へ。
c0070357_23284326.jpg


いきなり急登。
尾根取り付きはどこもこんなもんでしょ・・ってことでガマンガマン。
c0070357_23284559.jpg


男性が一人下ってきた。

40分ほど頑張っていたら道が平坦になり・・
c0070357_23284604.jpg



c0070357_23284762.jpg


丸川峠到着、8:25。

c0070357_23284943.jpg


あまり人気の無い道なのだろうか?

まだまだ先は長い。
c0070357_23285039.jpg


斜度は緩くなり、いい感じの山歩き。
c0070357_23285392.jpg


単独の男性を挨拶してパス。
c0070357_23285489.jpg


その後、何人か下山してくる。

山に対して左向きにトラバースして登る。
c0070357_23285588.jpg


最後は右に折れれば頂上は近い、と言うのを記憶していてその通りだった。

到着、9:08でスタートから1時間35分。
c0070357_23285657.jpg


頂上は男性2名、その後カップルが登ってきた。

周囲の視界は開けていないのであまり感動はない。
すぐに大菩薩峠方面へ下る。

展望が開けた。
c0070357_23285700.jpg


上日川ダム。

反対側から続々と人が上がってくる。

やっぱり都心近郊の百名山だけはある。
c0070357_23285865.jpg


しかも今日は絶好の登山日和。

少し下り、賽の河原。
c0070357_23285900.jpg


ちょっと登って親不知の頭。
c0070357_23290045.jpg


そこを過ぎて少し下ると大菩薩峠。
c0070357_23290154.jpg


介山荘という山小屋がある。
この辺まではかなりの人で賑わっていた。9:35。

ここから上日川峠へ下るのが一般的みたいだが、自分さらに尾根を歩き石丸峠から下ることにする。
c0070357_23290193.jpg



c0070357_23290307.jpg


石丸峠、9:51。
c0070357_23290483.jpg


下山。
c0070357_23290572.jpg


下山中も5~10人くらいの団体さんが何組も登ってきた。
登り優先なので道を譲る。

人の居ないところでは重力にまかせてさっさと下る。
しかし長い。
c0070357_23290774.jpg


上日川峠のロッジ長兵衛で10:39、50分もかかった。
しかしここから更に丸川分岐の駐車場までも長かった。
c0070357_23290806.jpg


駐車場着が11:15、上日川峠から40分近くかかった。

トータル3時間42分。

ちょっと人が多かったけどなかなか良い山だった。

予定通り雁坂を走って秩父の実家へ帰宅。

登山口の案内板。
c0070357_23290943.jpg



[PR]

by sekinao1 | 2012-09-09 23:10 | 奥秩父
2012年 08月 12日

雁坂強行登山

実は今週も行ってきました雁坂登山。

午前中、車の修理があったので出発は11:36、R140黒文字橋から。
時間が無くなったら引き返してくるつもりで。
c0070357_23263765.jpg


川又からの尾根道に合流、12:09
c0070357_23263865.jpg


昨日そこそこ自転車乗ったので登りもキツイ。。
途中で休憩中の男性に挨拶。

突出峠、12:37。
斜度的にスタートからここまでが一番キツイと思われる。
c0070357_23263913.jpg


樺小屋、12:56。
アブがブンブン飛び回るので、木の枝を振り回しながら登る。
c0070357_23264168.jpg


樺小屋からも所々急斜面。

地蔵岩下、13:18。
c0070357_23264289.jpg


豆焼沢源流部、13:41。
c0070357_23264300.jpg


雁坂小屋、13:52。
いつもお世話になります。
c0070357_23264555.jpg


沢から10分も離れているんですよね。

途中の地蔵岩付近がちょうど2000mくらいでその後、雁坂小屋まではアップダウンを繰り返して50mくらい下る感じ。

峠まで行ってしまう。14:05。
2時間半で来れた。
c0070357_23264619.jpg


汗だくのシャツが寒いのですぐに引き返す。
c0070357_23264786.jpg



雁坂小屋、14:17。
c0070357_23264899.jpg


途中の橋。
c0070357_23264848.jpg



地蔵岩下、14:54で地蔵岩に立ち寄る。

ガスっていて見晴らしはイマイチだった。14:58。
c0070357_23264921.jpg


その後はどんどん下る。

樺小屋、15:18。
突出峠、15:34。
c0070357_23265012.jpg


黒文字橋分岐、15:49。
先週の時間に追い付いてきた。

つづら折りの舗装路、16:07。
c0070357_23265190.jpg


R140到着16:15。

16㎞くらいで4時間半。
[PR]

by sekinao1 | 2012-08-12 22:14 | 奥秩父
2012年 08月 04日

雁坂登山2

出会いの丘駐車場 9:31
c0070357_23261178.jpg



熊が引っ掻いた痕?
c0070357_23261205.jpg



先週よりだいぶ早く到着。

あせみ峠 10:15
火打石尾根 11:00
雁坂小屋 11:23

途中、ビールを1ケース担いで登っている人と、釣りの下見に来たのに2時間登山道を登ってきてしまったという、鳶のようなツナギ服に足袋の男性を抜いてきた。
c0070357_23261368.jpg


出会いの丘駐車場から雁坂小屋まで1時間52分。
c0070357_23261463.jpg


雁坂小屋から右の雁坂峠へは行かず、左の水晶山方面へ。
c0070357_23261516.jpg


水晶山は思ったよりも苔むしていて風情がある。
c0070357_23261609.jpg


水晶山は眺めがない。11:50。

ここは、いつも雁坂トンネルを走っているとナビに「▲水晶山」と出てきて、「神秘的な名前だな~」と思い、
いつか登ってみたいと思っていた山なので念願が叶った。
c0070357_23261703.jpg


急坂を下って登り返し、古礼山へ。
c0070357_23261891.jpg


古礼山で昼飯。12:50。
c0070357_23261965.jpg



古礼山は良い眺めだが、広瀬ダムと山梨・塩山方面?がけっこう近くに見えた。
秩父からはかなりの距離だが、意外。
c0070357_23262026.jpg


水晶山方面に戻り、雁坂峠へ。
水晶山から下って、雁坂小屋への分岐から1.4㎞もあった。
c0070357_23262139.jpg


二週連続。
c0070357_23262211.jpg



c0070357_23262328.jpg



今日は雁坂小屋から川又方面へ下ってみる。

黒岩尾根コースは、登りは良いのだが、先週は下りで足にキタ。
ずっと同じ方向へのバンクしたトラバース道が続く。
それで怪我をした足裏に違和感が出てしまったので、今週は回避。

雁坂小屋の水を引いている、豆焼沢源流部。
c0070357_23262450.jpg


川又方面は歩きやすいらしい。
・・と思ったら、しばらくはアップダウンの険しい道。
c0070357_23262685.jpg


鎖場も三ケ所あった。
c0070357_23262757.jpg


急斜面もありつつ、しばらく下って樺小屋。14:10。
避難小屋なので、誰もいない。
c0070357_23262811.jpg



近く(3分)に水場があるらしいが、ちょっと迷った。。
最後はロープも張ってあり、意外に険しかった。
c0070357_23262994.jpg


その後は道も開ける。
c0070357_23263045.jpg


さすがに大昔から交易などに使われていた道だけはある。
c0070357_23263158.jpg


川又までは下り切らず、途中、黒文字橋分岐から右に下る。15:00
c0070357_23263478.jpg


重い足を引きずってやっと舗装路。
15%くらいのつづら折りが500mくらい。15:23。
c0070357_23263510.jpg


R140に降りたところで、沢で足を冷やす。15:37。

最後はR140を3㎞程歩いて出会いの丘駐車場。16:05。
c0070357_23263626.jpg


トータル6時間半で22㎞くらい歩きました。
[PR]

by sekinao1 | 2012-08-04 23:50 | 奥秩父
2012年 07月 27日

雁坂登山

猛暑です。

こういう時は足のリハビリを兼ねて涼しい所へ・・
ということで登山してきました。


R140、雁坂トンネル手前の出会いの丘駐車場に駐車。
9:35スタート。

豆焼橋を渡り、トンネル右の林道に入ります。
c0070357_23254873.jpg


9:42。気温は27℃くらい。
c0070357_23254931.jpg


林道は1.5㎞。
本格的な山道に入る。9:56。
c0070357_23255039.jpg


いきなり険しい急勾配。。
道も狭く、足を踏み外したら谷へまっさかさまな場所が多く、慎重に進む。

途中下ってきたおじさんとすれ違う。
「テンポいいねー」と言われたが、ペースがわからん。
オーバーペースか??

3.3㎞地点、あせみ峠。10:25。
c0070357_23255126.jpg


こんなキツイ道があと5㎞も続くかと思うとゲンナリするが、ちょうどここから勾配も落ち着いてきた。
c0070357_23255267.jpg


4.3㎞地点。
c0070357_23255435.jpg


濡れると滑りやすいと言われている木道。11:18。
c0070357_23255590.jpg


今日は幸い乾いていた。

しかしこの辺りからゴロゴロと雷鳴。。
c0070357_23255589.jpg


雲行きが怪しい。
とりあえず雁坂小屋まで目指す。

雁坂小屋手前のトイレ。
c0070357_23255641.jpg


雁坂トンネルができる98年までこの山道が国道140号だったので、国道上に立つ国道トイレってことで有名。11:45。

雁坂小屋。
c0070357_23255711.jpg


管理人さんは不在のようだったが、鹿は居た。

汗だくなので助かった。
c0070357_23255818.jpg


雁坂峠までは500mだがキツイ登り。

到着。12:00ちょうど。
c0070357_23255960.jpg


山梨方面が一望できる。
c0070357_23260049.jpg


まだ所々黒い雲がゴロピカしているが、降られはしなかった。

標高2082m。
c0070357_23260143.jpg


12:20まで休憩して甲武信岳方面。
尾根沿いのいい感じの山道。
c0070357_23260379.jpg


高原らしい雰囲気が出てきたし、だいぶ涼しくて気持ちいい。

今日の目標だった雁坂嶺到着。12:37。
c0070357_23260323.jpg


峠から200m一気に登ってきたらしい。

ここまで出会いの丘からちょうど3時間(休憩30分ほど含む)だった。

しばらく甲武信岳方面へ行ってみるが・・
c0070357_23260426.jpg


13:00過ぎたので引き返す。
天気は心配ない感じ。

峠の案内図がわかりやすい。13:34。
c0070357_23260582.jpg


雁坂小屋へ下る。

水分確保して下山。13:52。
c0070357_23260601.jpg


途中、黒岩展望台に立ち寄る。

木に掴まりよじ登る感じの急斜面で岩場も狭いが2~3分で到着。
c0070357_23260729.jpg


下って来た雁坂嶺が一望できる。

ここからひたすら斜面左方向への下り。

足の着地の角度が斜面に合わせなければならないので、続けていたら足の裏が痛くなってきた。
c0070357_23260819.jpg



足の裏のリハビリ目的だったが・・再発しないように大事に行く。

あせみ峠で休憩。
山道は残り1.8㎞ほど。15:15。

あせみ峠からは急勾配の下り。
狭い砂利道なのでかなり慎重に行く。
c0070357_23260919.jpg


前モモがヤバい。

林道終点で15:47。
林道沿いに流れている沢で足を冷やしてだいぶ復活。

そんな感じでゆっくり下って帰りも雁坂嶺から3時間くらいでした。
距離20㎞くらい、標高差1300弱ってところか?

ちょっとリハビリ中にしてはハードすぎたかもしれないが、特に足の痛みも出ず無事行って来れたので自信になった。

自転車オンリーの方にも、ボディーバランスを整える意味で登山はおススメです。
有酸素運動だしね。


次回は川又からのコースに挑戦したい。
[PR]

by sekinao1 | 2012-07-27 22:12 | 奥秩父