アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 17日

ツール・ド・八ヶ岳 レポート(2日目)

朝はホテルからスタート地点までの10数キロを利用してアップがてら自走。
R141ではなく対岸の道路が交通量も少なく、イイ感じだった。

直前までけっこう乗ってしまったので足のハリがある。
時間があるので十国峠方面へ行ってみた。
ここをずっと走るとおなじみの志賀坂から秩父に出るR299。

会場に向かうとスタート地点はだいぶ賑わっていた。
荷物を預け終わると、コンドルさんが現れ話す。
その様子を「信州ふぉとふぉと館」さんに激写されました(笑)。
c0070357_21535997.jpg

さいとーさんもコムレイドジャージで現れたので話す。

スタート地点で待っていると、ARIさんやかんchanも集まってきてスタート前から話が盛り上がった。
レース前とは思えない和やかムード。

9時にスタート。
スピードは速いが思ったほどではない。
心拍を見ると、160ちょっとで既に呼吸が苦しい。
やばいかも?

さいとーさんや、ARIさんはやる気満々?で前に位置。
平坦が終わり9%の坂に突入。
スピードはあまり変わらず、集団は徐々にバラけ始める。

さいとーさんやARIさんも先頭から少し遅れ始め、僕はARIさんから10mくらい後ろを追いかける。
今日は足が重くて呼吸が楽かと思ったが全く逆だ。
心拍は88%でかなり苦しい。
高地レースのダメパターンだ。

さいとーさんを抜いてARIさんを追いかけるが、10mがなかなか縮まらない。
さいとーさんが「完全にオーバーペースです。」と言って前に出てきた。

その後しばらく2人を追いかける感じで5km過ぎ。
かんchanさんが後ろに付いていて、気づかずに引いていた。
つづら折れが始まるところで前に出てきて、
「きついね~」と言って前を引き始めた。

かんchanさんは前の2人に追いつくペースで走る。
ペースアップして、後ろに付いているだけでも苦しい。
しばらく走ってARIさんに追いついたが、僕はここでいっぱいいっぱい。
今日の心拍MAX176を記録。

やっと追いついたが、僕はすぐに遅れ始める。
練習で心拍90%で追い込んでいる時の呼吸になっている。。

あっという間に50mの差がついたが、何とか追いつこうと頑張る。
前は、まるさんとさいとーさんとARIさん、かんchanを含む集団。
しばらく走るが差が広がらないので、追いつけそうな気もする。

そのうち緩斜面になり、ギアチェンジが難しい。
昨日、ここでアウターに掛けようと思った場所でアウターに掛けようと思ったが、なぜかガチャガチャして掛からない。。
STIが固くなってきたので、朝、油を注そうと思って忘れた事を思い出した。。
そんな感じでモタモタしていたら前はあっという間に見えなくなり、50m後ろの4人に追いつかれてしまった。

スキー場までの緩斜面は追いついてきた4人と走る。
と言っても最初から一人で頑張るつもりで走っていたので、できるだけ前を引く。
この集団はみんなで回す意識が高いのか、前のかんchanさん達が見えてきた。

スキー場からあと9km。
ここから頑張るつもりでいたので、気合が入る。
息の苦しさはあり心拍は80%程度だが、足は軽い。
クルクル回して走る。

かんchanさんがだいぶ近づいてきた。
さっきの集団の1人と回しながら走るが、ゲートを過ぎた所で切れていった。
かんchanは50m先に見えるが、つづら折れで一気に追いついた。

その後、前を引く。
まるさんに追いつき抜く。

かんchanは後ろを付いてきてくれたが、しばらくしていなくなった。
オープン参加の三船選手ともう1人の選手にも追いついた。
下りまで三船選手と回す感じで走り、下りで前に出て加速すると三船選手はいなくなった。

もう一人の選手にラスト500mで抜かれたが、僕はギアを2枚上げて残り500mをダッシュしてその選手を引き離してゴール。
ゴールするとさいとーさんが前にいたので僅差だったと思ったが、どうやら1分も離されてしまったようだ。
c0070357_2136268.jpg

まさかとは思ったが、ラスト9kmは昨日試走したペースとたいして変わらんかったかも?

ゴール後はレースでお馴染みのメンバーが集まり、談笑&記念撮影。
c0070357_2135971.jpg

回数を重ねるごとにレース仲間が増えるな。
かんchanさんと話しながら下山。

表彰式&抽選会まで2時間もあるので、僕は回復走がてらホテルに戻ってクルマを取りに行く。

スキー場に戻りリザルトを確認。
c0070357_21353592.jpg

さいとーさん、コスジさん、バキンさん達と表彰式を見る。
c0070357_21412860.jpg


竹谷選手。
c0070357_21401910.jpg


チャンピオンクラス入賞者達。
c0070357_21403947.jpg


よっしーさん&zucchaさん、おめでとうございます。
c0070357_21405484.jpg


レース仲間が年齢別でワンツーってのは複雑な心境だ。

抽選会に参加。
抽選会も粘っていれば何か貰えるらしいとの事で、早く帰りたいが待つ。

最後はジャンケン大会になって念願の酒をゲット。
c0070357_2136452.jpg


これでやっと帰ることができる(笑)。
c0070357_2137328.jpg


さいとーさん達と別れ、5時間かけて運転して帰宅。
あー疲れた。


今回のレースは調子良かったような悪かったような感じだった。
これが実力かな?と思う反面、まだまだやれる気もする。
調子はあまり良くなかったみたいだけど、良くないなりに100%力が出せた感じ。

コンディショニングに関しては、試験的に直前までけっこう乗ってみてレースに出る感じでやってみたけど、ある程度は思った通りの結果になった。
やっぱり高地レースは練習疲れが残っているとダメだとわかった。
これでまた少し賢くなった気がするので、次回はもう少し元気な状態でレースに出てみたいと思います。


次回はしらびそ。

c0070357_2144160.jpg

高地レースですごく疲れたので、貰った酒飲んでひと休み。
[PR]

by sekinao1 | 2007-04-17 21:45 | レースレポート


<< ちょい復活      ツール・ド・八ヶ岳 レポート(... >>