アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 03日

天目山林道

久々にMTBに乗って林道を走ってみたくなった。
秩父の浦山の奥にある「天目山林道」。
さいとーさん他、MTBを乗られる方にも充分おすすめできるコースなので、紹介するにもちょうどいい機会だ。

まずMTBが走れるかが問題だ。
MTBに乗ること自体2年ぶり。

僕のポンコツMTB登場。
15年前の「MARIN BEAR VALLEY」。
c0070357_22244838.jpg遥か昔の学生時代、これで北海道とニュージーランドを1周しました。
フレームとフォーク以外のパーツは全て交換するほど乗り込みました。

最近では生意気にもXTRのSTIレバーを付けたり、100gの軽量ハンドルを付けたり。
48-36-26のクランク付けたり、スプロケを12-25に換えたり、カンチブレーキをVブレーキに換えたり。
中途半端に金かけたけど、アホらしくなってロード買いました。


旧式のノーマルタイプのヘッドがサビサビで、コンバーターを付けて強引にアヘッドステムが付いてます。
それでもヘッドがガタガタなのでちょっと危険。
フレームとフォーク変えれば・・・ってそうなると違う自転車になっちゃう。。

アクセスは秩父市内からR140を大滝、甲府方面へ走った浦山ダムから。
R140を市内から3~4km走ると、長い直線になります。

c0070357_22262853.jpgカインズホームが右に現れた先で直線が終わり、カーブを下った最初の信号を左に入ります。
「浦山ダム」の看板があるのでわかります。


c0070357_22282116.jpgしばらく緩い坂を走ると浦山ダムへ上る10~12%のつづら折れが現れて、800m位続きます。


c0070357_2325880.jpg浦山ダム。


c0070357_22293982.jpgダムからは
トンネルが多いので注意。
クルマはあまり走っていません。


c0070357_22311995.jpg「国道140号まで9km」の表示の先、右側に小さな橋が架かってます。
標高約445m。
今日は市内の実家からここまで40分くらい。

ここでロードの集団とすれ違う。
「有間峠」を越えて来たのだろう。
まっすぐ行くと「有間峠」。


橋を渡ってスタート。
500m位舗装であとは未舗装。
最初は川沿いの道で、「細久保谷」と言います。

c0070357_22322319.jpg2.8km程走ると林業の専用道になって、道路にチェーンがかけられています。
一般車の進入ができないのがおすすめポイント。

自転車で走っていて林業関係の人に注意された事は無かったので、走ること自体問題ないと思います。
以前、営林署の人に話しかけられたけど、「どこまで登ってきたの?」って感じでした。


チェーンの先から本格的な山道。
c0070357_22335854.jpg営林署の小屋。
けっこう厳しい勾配。
2年前までは足を着かずに走るだけでも心拍MAXだったけど、今日は80%以下で楽に走れてる。
今までのトレーニングの成果を実感。


c0070357_2237631.jpgたまに分かれ道。
基本は道なりで。
右が天目山。左は「仙元林道」。


c0070357_2238439.jpg

c0070357_22392767.jpgまだまだ勾配はきつい。


c0070357_22395848.jpg

c0070357_22403218.jpg9km地点。
右に急斜面が現れるけど、左カーブの道なりで。


c0070357_22413885.jpg

c0070357_22423028.jpg10km地点。
景色も良く、だいぶ登ったな~と言う感じ。


c0070357_22434178.jpg11km過ぎ、開けた所に出るけどまだまだ。
ここも道なりで、右に進む。
山の反対側に出る。


c0070357_22441473.jpg12km過ぎから時々平坦が現れるのでスピードアップ。
目の前に鹿が現れてビックリ。
ここに来ると必ず鹿に遭遇します。


c0070357_22451537.jpg大きなヒマラヤ杉が現れると、ゴールはもうすぐ。


c0070357_22454097.jpg

c0070357_22461281.jpg頂上は標高約1530m。
少し開けた場所ですぐ下りになるのでわかると思います。


c0070357_22512534.jpgスタートの橋から約16km。ゆっくり上って1時間24分でした。
2年前に必死こいて上った時と同タイム。

頂上から先はまだ道があり下りになっている。
地図では行き止まりになっているけど行ったことがない。
今までは上ってくるだけでヘロヘロ、反対側に下ってみる気にもならなかったけど今日は余裕なので行ってみた。


c0070357_22482352.jpgだいぶ下る。
ずっと先まで道が見えるけど、どこまで下ってるんだろう?


c0070357_22492182.jpg
山の向こうは奥多摩か?


c0070357_2250659.jpgキリがないから引き返そうかと思ったら、4km程下った所で行き止まりでした。
片道20km、往復40kmの林道ツーリングが楽しめるワケです。

来れて良かった。


c0070357_22502960.jpg最近では営林署の車もほとんど来ないらしく、大きな落石が放置状態だったり、轍も消えて草が生えてる状態でした。

そんな感じなので車を気にせずダウンヒルが楽しめますが、ごくたまにカブに乗ったおっちゃんとか、オフロードバイクも上ってくるので油断はできません。


上り返して、45分くらいダウンヒル。
ガガガガガガ・・・・っと腕サス、足サス状態。
コケずに無事帰宅して6時間。。サイクリングどころじゃなかった。

MTBも最後はヘッドがキィ~キィ~キィ~キィ~~とうるさくてもうダメです。
ブログでみなさんに見てもらって「最後の花道」でした。


浦山も「BEAR VALLEY」のようです。
c0070357_2310764.jpg軽いロードばかり乗っていると、何だか優等生的?な走りになっている気がします。
MTB乗ってた頃はこういう道を必死こいてがむしゃらになって走ってました。
荷物満載で自転車旅行してた頃もそうでした。

あの頃は正直、「ロードなんて軽いから速くて当たり前。」って気持ちがちょっとだけあった。
逆にロード乗ってる今、MTBでこういう林道を走るのは良い意味で泥臭いトレーニングになりそうだ。
新しいMTBフレーム買おうかな?

首都圏や群馬方面からも来れない距離ではないので、トレーニングやツーリングに使っていただけたら幸いです。
[PR]

by sekinao1 | 2006-09-03 22:53 | 自転車コース


<< 僕はバケモノ      大パンク >>