2006年 07月 17日

JCRC第5戦 群馬CSC レポート

いつから雨男になったんだ~ってほどレースが雨続きだ。
まぁ、梅雨時のレースに出るからなんだけど。。

JCRC(日本サイクルレーシングクラブ協会)のレースに参加した。
JCRCは市民レーサーのためにサーキットレースなどを中心に年に何回もレースを開催している。
今回は第5戦。

競輪みたいにクラスがあって、上からS、A、B、C、D・・・とあり、中高年クラスとか女性クラスとか子供クラスなんてのもある。
HP見ても参加の仕方とか昇級の仕組みとかゴチャゴチャ書いてあってややこしいので参加しなかったけど、ヒルクラレースで会った人もJCRCに出てると聞いて興味を持った。

初参加はどのクラスで参加すればいいのかわからなかったが、ゴチャゴチャをよく読むと、
「初参加の人はXクラスで走ってみてタイムで次回からクラス分けされる。自信のある人はCクラス以上(別のページではBクラス以上となっているのでわかりづらかった)で参加する事ができる。」

との事で疑問が解けたので申し込む事にした。

新参者だし、とりあえずどんな感じなのか?という事で今回はCクラス。
ここからだんだんと昇級できればいいんだが。

Cクラスはお昼スタート。
早起きしなくてもいいというのが大きい。
トレーニング感覚で出るにはちょうど良さそうだ。

7周×6kmの42km。
この前のレースは17周した事を考えれば半分以下なので楽だ。

Cクラスは今回参加人数が80人に達してしまったので2クラスに分けるらしい。
僕はC-1クラスでメットカバーは黒。
C-2クラスはメットカバーが赤。
表彰は別。
c0070357_22512.jpg

写真はAクラススタート。

雨降ってるので管理棟の軒下にローラーを設置して40分ほどアップ。
昨夜ちょっと飲みすぎたけど、朝まで寝れたので調子いい。
170位まですんなりと心拍が上がった。

問題は雨だ。
路面が濡れてるので下りの高速コーナー&ヘアピンコーナーで落車が無ければいいが・・・。
とりあえず最初は集団の前の方で様子を見よう。


スタート。

しばらくは先頭を引くでもなく、前の方で様子見。
やっぱり下りはみんなかなり慎重に減速してカーブを曲がる。

その後の緩い上りで前を引いていた1人が後ろを振り返った瞬間に横の選手と接触して落車。
スピードが落ちていたので後ろは巻き込まれなかったみたい。
直前まで彼の後ろを走っていたので危なかった~。
これがあるから怖いんだよな~。

逃げとか落車がある時にすぐに対応できるようにできるだけ前の方で走る。
そこそこ高い割合で先頭を引く。
結局集団レースは前を引いたヤツが偉い!と思いながら引く。
前の人のタイヤが跳ね上げる雨水がかかるのが嫌なだけだったりして。。

3~4周目位で1分後にスタートしたC-2クラスの赤軍団が追いついてきた。
後ろは序盤からペースが速かったみたい。
うちら黒軍団は1周10分以上かかってたから追いつかれるのも当然だ。

いちおうルールには他のクラスを利用して走っちゃダメ~!ってあるけどどうなんだろう?
たまたま先頭を引いていたので赤軍団とはラインを外して走っていたら黒軍団が付いてこない。

少し下がろうかどうしようか考えながら黒軍団の僕が赤軍団を引いたりしてる。。
上りで前に出てきたので見たら赤軍団にまぎれて黒の人が走ってる。
結局Cクラス全員のレースになってるような感じ?

いちおう2列に分かれてるような感じなんだけど、全体を赤の何人かが引いたり、黒の何人かが引いたり交互にやってる。
そんな感じで残り2周半。
"心臓破りの坂"あたりでそろそろ誰か飛び出すかな~?と思って警戒するが誰も飛び出そうに無い。
誰か飛び出したら便乗しようと思う。

下りの危険を冒して逃げられれば雨は有利なんだが・・・。
今日の僕にそこまでのモチベーションは・・・?無いか。。
そんなこんなで残り2周の"心臓破り"では特に何もせず。

結局、最後の"心臓破り"で1人が飛び出したので付いて行った。
"心臓破り"を21km/hで上る。
後ろを見ると集団とはけっこう差がついている。

下りで前に出てくれた。
ゴール前まで2人で行ければいいが、前の人はかなりペースダウンしてる。。
2人になると前を引いた方が当然不利だけど、そこで駆け引きしてると集団に追いつかれちゃう。。
だからためらってないでどんどん逃げろ~!
というのをツール・ド・フランスとかでよく見る。

残り1km弱か。
後ろを見るともう集団がそこまで来てる。
ためらってる間に追いつかれた。。
すごい形相で追ってきてるのがちょっとおかしかった。

集団はペースが上がってるので、足を使ったここで置いてかれないようにふんばる。
赤と黒といっぱいいるけど黒は前に3人くらい。
さすがにみんなゴールスプリントを意識していたらしく、けっこう足を残してる。
前に付いていくのも大変。
ゴールラインで後ろから赤2人と黒1人に並ばれた。
心拍数は178だった。

中途半端な飛び出しで足を使ってしまったけど前の方でゴールできた。
6位以内には入れたっぽい。

集団のペースが上がった所で飛び出すのはやっぱり無理だった。。
行くなら残り2~3周だったかも。
たまたまかも知れんが、Cクラスの人たちは逃げようとする人がほとんどいなくて、勝負はゴール前スプリントってみんなが思ってる雰囲気だった。

逃げないで足をためといてスプリントすればもっと上でゴールできるかも?
と思われるのだが、それじゃ面白くないから僕はあくまで逃げにこだわりたい。

結局5位でした。
ギリギリ入賞~。。危なかった~。
6位に入ったのでお目当ての昇級ができて次回はBクラスに参加できると思う。
c0070357_2274680.jpg
賞状と副賞でフルーツゼリー&そうめんをゲットしました。

第6戦は修善寺の日本CSCでやるので是非出てみたい。
高低差100mの本格的な上りコース。
次回は無難に入賞を狙わずアホ逃げにトライしてみたいです。

今回は距離も短くて不完全燃焼だった。
しかし雨のレースは嫌だな~。
自転車は濡れるし、自分もビショビショだし、下りは怖いし。。

c0070357_2210412.jpg

あと、JCRCに出る人は下りで減速する時とか追い抜く時とか、みんな声出している所が他の一般のレースと違う。
この前のレースではそういうの無かったな。雨だからか?
当たり前かもしれないけど、コケたら大事故だからそのへんは意識が高いんでしょう。
今回も勉強になりました。


Yのべさん、メールありがとうございました。
[PR]

by sekinao1 | 2006-07-17 22:10 | レースレポート


<< パワーエイド祭      JCRC第5戦 群馬CSC >>