2006年 02月 15日

トリノ その2

こんばんは。

冬季オリンピック盛り上がってますね。
忙しいけどなんだかんだちょこちょことオリンピック観れちゃってます。

日本はメダル全然取れないけど、いつもの事。
マスコミが期待しすぎなだけです。

なにはともあれ競技は違っても4年に一度の大きな試合はスポーツとして参考になる事が多い。
採点競技でメダルを取った選手とそうでない選手、どこが違うか比較するのも面白いです。

女子モーグル、日曜の朝やってたので目覚まし代わりに観た。

里谷も上村も残念な結果だった。
里谷は長野で金メダル取ったのに上村の方が注目されてます。
やっぱり里谷はどうしてもダークなイメージが拭いきれてません。

上村はいい滑りしてた。
ずっと前から見てるけど、確実にレベルアップしてます。
彼女の実力の100%に近い滑りだったんじゃないだろうか?

でもメダル取った選手たちはもっといい滑りしてた。
日本の里谷・上村は一発大技で高得点狙いみたいだったけど、もっとターンを練習すべきです。
エアで大成功しても結局ターンで負けてたろう。

解説などで、
「日本人選手、120%の力を出して頑張ってほしいですね!」
などと言ってる。

自分の実力以上の120%の力を出そうとするとどうなるか?
今井メロみたいに怪我する可能性が大です。

兄ちゃんの成田童夢も試合前に、
「120%の力を出してくるぜ~!みんな俺の滑りを見てくれ~!!」
って言って予選落ち。。

結局、「120%兄妹」だった。

僕も去年の地元のレースは120%の力で走っちゃいました。
それで最後の3kmはバテました。。
幸い、100%を最後まで維持したのと変わらない結果だったとは思いますが。。
きっとスキーだったらコケてたでしょう。。

長野で金メダルを取った時の里谷は、競技前後の記憶が全く無いそうです。
120%の力を出して成功した例かもしれません。

試合では120%でも80%でもなく、100%の力をしっかり出すことが大事ですね。
その点では、年末にあった女子フィギュアの日本選手権は五輪代表候補が全員100%の演技をして、すごく面白かったです。
[PR]

by sekinao1 | 2006-02-15 22:26 | 徒然なること


<< 忙しい      トリノ その2 >>