2009年 11月 15日

2009龍勢ヒルクライム レポート

龍勢ヒルクライムに参加された皆さん、今年も僕の故郷にようこそでした&レースお疲れ様でした。

さて久々のレースで久々の長文レポート。

<前日>

雨が降っていたので午前中ローラー45分。
途中、5分を心拍80%で、そのまま2分を88%まで上げてダウンして終了。

パワー的にはイマイチな感じだけど、心拍はワリとすんなりと上がる感じで、体調は悪くないか?

秩父へ移動し、小鹿野のスーパーで買出しなどしつつ吉田へ。
受付を済ませてからとんかつ屋で昼食で、長瀞へ。

脚の張りがちょっとあったので、軽くゴロゴロをやって、あとはチョコ食べたり最近マイブームの馬力(日本酒)飲んで(笑)、21時には就寝。


<当日>

5時起床。
グッスリ8時間睡眠。

今日はレース後も練習したい&決戦用ホイールなのでクルマで。
お目当ての場所に行くと、先客が…と思ったらtarmacさんだった(笑)。

2人であれやこれや話などしながら準備。

アップは小鹿野を1周して30分ほど。
途中、巣掛旧道の坂で心拍90%まで上げる。

その後は軽量化などしつつ、荷物を預けつつ身体を冷まさない程度にウロウロと。

スタート地点に移動し並んでいると何故かさいとーさんが!
今日は応援に来てくれたらしい。


<レース>

展開的には細かい部分までコンドルさんのレポ通りですが、とりあえず僕の視点から。

その前に、メンツですが、今年のエキスパートクラスはコンドルさんがまず優勝候補。
続いてコムレイドなH中さんとO田さん、それと最近急成長のALPHAWKなS木さん。
スワコなK池さんにNOZAKなN崎さんや、群馬のさいとーさんと同姓同名の同じくNOZAKなさいと〇さん。
美ヶ原でバトルした竹芝なⅰ川さんもエントリー。

他には存じ上げませんが速い人はいるだろう。。
みんな調子良ければ入賞のチャンスすら無い感じ。

それに最近は初心者でいきなり速い人もいるしね…。
とりあえず全員マークで(笑)。

スタート~平坦区間はパレード走行。
今日は去年に比べてもかなり遅かったんじゃないでしょうか?

と言うか、今日は心拍計(スピードセンサーは電池切れ)のみで心拍とタイム頼り。
万年橋を右折してもペースはボチボチ。
旧スタート地点が舗装工事中で、タイム見忘れたけど5分30は越えてたはず。

そんな感じなので、他クラスの選手も先頭集団に混ざりつつ進む。
ふと前を見ると、コンドルさんが坦々と引いているので、これは良くないと思い、緩斜面から軽く先頭交代に加わる。
その先からコンドルさん以外の選手も前を引く。

水車小屋を過ぎて、本格的な坂に突入でH中さんが前を走る。
彼も調子良ければ全然敵わないけど、今日は調子良くないみたい?で下がって行き、コンドルさんと僕で鳥居まで。
激坂もコンドルさんと並走。

体感的に、かなりのパワーだったはず。
激坂が終わって緩い部分は僕が引く。

チラッと後ろを確認した感じでは、コンドルさんの他に予想通りALPHAWKなS木さんと、NOZACなさいと〇さん(後で知った)がいる。
S木さんは少し離れた。
緩斜面が終わって後ろに下がると、コンドルさんとさいと〇さんが前に出て、そのまま急坂区間をガンガン上げて行くのでさすがに千切れる。

あーのこままS木さんと3位争いか。。
と思ったが、その後の緩斜面で2人のペースが緩んだので、すぐに追いついて再び3人に。

追いついた勢いで前を引く。
個人的には20秒くらい後ろのS木さんが怖いので、ここでできるだけ差を広げたい。
しかしコンドルさんとさいと〇さんはそれ程、積極的ではないと言うか、ちょっと牽制気味。
僕は積極的に前を引く。

少し走ると、さいと〇さんはけっこう苦しそうなので、更にペースを上げてみるがなかなか千切れない。
コンドルさんも書いてたけど、三味線?と思う。
細かいカーブの区間。
ここでコンドルさんの「ふるい落し」が始まる。

さいと〇さんが少し離れた所で、コンドルさんが軽くアタック。
ここで付かないとヤバイと思い、ダッシュして付いていく。

コンドルさん:「(さいと〇さん)千切れました?」
僕:「千切れました(僕も千切れそうです!)」
心拍は92%。。

さいと〇さんはすぐに見えなくなった。
その後は二人旅。
と言うか、コンドルさんに付いていくのがやっと。

コンドルさんは行こうと思えば行けたはずだけど、ちょっとペースを落としてくれて引いてくれている感じ。
下り手前で、
「行っちゃっていいですよ」
と先週と同じような会話。

「もう大丈夫ですよね?」
とコンドルさん。
既にワンツーを確信したみたい。

「大丈夫ですっ!」
とは答えたものの、僕はまだ残りの3㎞でタレる心配があるので気が気ではない。。

下り終わって上り返し(コンドルさん応援の横断幕)のところで、コンドルさんがダンシングでガーッとアタック!

今回は長い。
僕も同じようにアウターのまま追うが20m程差が広がる。

コンドルさんの背中は見えるのだが…ジリジリ離される。。
後ろも気になって何度も振り返るが、気配は無い。

心拍は再び90%。
苦しいがあと少し。

タイムは残り1㎞ちょいでまだ37分台。
タイムも期待できそう。

コンドルさんには最大で100mくらいは離されたか?
それでも先週のイメージで、追いつけると信じて全力で追う。
差は縮まったのか?残り500mくらいからカーブ1つ向こうに見える。

最後の直線は「ゲ」が出そうになったが、こらえて頑張りゴール。
手元の時計では41分45くらいだった。

ゴール後、「やったー!」とコンドルさんの所へ。
2人でワンツーは…ふと思う事はあったけどありえんだろう。。と思ってました。
でも実現しました。

なので嬉しかったです。
コンドルさんは固いけど、あとは僕次第だったので。
c0070357_23561266.jpg



<レース後>

他の知り合いの結果は・・
tarmacさんは機材トラブル?で残念な結果だったみたい。

今年、富士&美ヶ原で知り合ったナルシマなN村さんはBクラスで優勝。
おめでとうございます!
しかし一般クラスの上位も42分台で走った人が多く、差を感じないので安心できませんね。

NOZACなさいと〇さんと少しお話しつつ、最初のグループで下山し、表彰式まで時間があったので小鹿野のスーパーまで弁当を買いに…。
食べる間もなく表彰式。

しかし30分ほど待たされる。
その間、コンドルさんファミリーとお話できて楽しかったです、と言うか娘さん2人が可愛かったぁ。
c0070357_23561304.jpg


龍勢のエキスパートクラスの表彰台(3位以内)はやっぱり目標だった。
最近レベルが高いし、無理かと思っていたけど思いがけず達成できた。

しかもコンドルさんとワンツーと言う最高の形だっただけに、一生思い出に残るレースになったと思います。
前週に一緒に試走TTしたってのもポイントです。

来年も参加します。
目標は…控えめに6位入賞で。
でもタイムは41分半は切りたいですね。


<レース後のその後>

最高に天気が良い。

練習用PTホイールに交換し軽く走りに行く。
予定よりも表彰式が遅れたので、14時前から。

とりあえず志賀坂。

しかし天気が荒れてきて、麓で強風に吹かれる。。
志賀坂はさすがにゆっくり。

志賀坂の先はどうしようか?と思ったが、そう言えば八丁峠の舗装工事が終わったはずなので確認に行く。
八丁もせいぜい200ワットでゆっくりと。

舗装は期待通りきれいになっていたが、その先のノリ面工事中部分が落石しそうで危ない感じ。

しかし今日は紅葉目当てか?クルマが多かった。
c0070357_23561378.jpg


上の方はすっかり枯れ山で冬待ちな感じですが、1000m付近はモミジがきれいでした。
c0070357_23561303.jpg


暖かかったので薄着で来たが…上はさすがに寒かった。。

下って小鹿野方面へ戻る途中、tarmacさんとすれ違い、そのまま合流。
c0070357_23561464.jpg


一緒にクルマへ戻り、蕎麦に誘われたので、そのまま影森の田中屋さんへ。

店があるのは知っていたけど、初めて入った。
tarmacさんご用達なだけに確かに美味しかったです。

でも2時間でまた腹が減りました(笑)。

実家に寄り、賞状などを預け、荷物を片付けつつ都内宅へ帰宅。
c0070357_23561463.jpg


長い一日だったけど、ずっとゴール後の「コンドルさんやったー!」の興奮の余韻が冷めませんでした。


ではみなさん良いオフシーズンを!
また来年も宜しくお願いします。
[PR]

by sekinao1 | 2009-11-15 23:47 | レースレポート


<< Zzz・・・      龍勢ヒルクライム速報 >>