2009年 06月 09日

第6回 Mt.富士ヒルクライム レポート

<前日>

昼前に都内宅を出発。
中央道で河口湖ICを下り、北麓公園へ。

受付で諸々を受け取るが・・やっぱり僕の写っているハガキは回収されてしまうらしい。。

「あのー・・ハガキって回収されちゃいますよね?」
「僕が写ってるんですよね・・」

と受付のお姉さんに言うと。
「えーどこどこ?記念にとっておきたいですよね~」
・・・って事で、本部に頼めば対応してくれるとの事で、本部へ行き代わりのハガキを貰う。

感じの良いお姉さんに惚れました(爆)。

そんな感じで天気も曇り~晴れに変わる。

吉田で昼飯を食べ、近所の公園に車を止めて軽く走りに行く。
坂を上って胎内交差点から西側の道を45分ほどウロウロ。
軽く追い込んだりで平均心拍70%くらい。

その後、スーパーで買出しして宿に移動。
途中、道の駅で土産を買い込む。

宿は割高だったけど、なかなか静かで快適でした。
風呂にゆっくり入り、21時に就寝。


<当日>
早い時間に寝たので昼寝みたいな感じ。
結局1時過ぎに目が覚めてしまい、3時まで眠れず。。

起きて飯と支度、軽量化も済ます。
4時前に宿を出て、20分程で北麓に移動。

アップは国道まで下り、坂を利用して軽く負荷をかける。
途中、荷物を預けたりで細切れに40分程度。
c0070357_23543259.jpg

天気は快晴。
調子は悪くないが、パワーモリモリ感があまり無い。。

急いで着替えてスタート地点へ。
スタート地点ではますらおさん、よっしーさん達と話す。

うっかりフレームポンプを外し忘れて柵に括り付けて隠したり、ちょっと焦ったが和やかにスタートを待つ。
zucchaさんも登場。

スタート。
招待選手達がいきなりペースを上げる。
公園前の坂はけっこう急なのにすごいスピード。
メーターを見ると27㎞/h。

計測開始地点で遅れると不利になってしまうので、できるだけ前に行く。
それでもだいぶ差がついてしまい、胎内交差点を左折する先頭が見えたので早めにタイム計測開始。

スタート時点で20秒は差がついたか?
料金所下の急斜面は20㎞/hくらいで程々に上る。
料金所でますらおさんとzucchaさんに抜かれる。

ここでできるだけ前に行きたいけど、自分の心拍&脚力と相談でボチボチ走る。
zucchaさんが20mくらい前を走る。

3㎞位走って徐々に前の選手をパス。
zucchaさんも吸収。

5km手前から何となくペースの合うBR4と書いたジャージの人と何となく千切りあい。
ここからずっとBR4さんと先頭交代することになる。

5㎞で15分30。
早めに計測始めたので、15分ちょいか?
去年より15秒以上遅い。。

時々落ちてくる選手なども絡んでくるが、BR4さんと、あと「茄子~」の監督のK坂さんの3人で走る。
後ろもけっこう付かれてるみたいだけど、振り返って見る余裕は無い。

BR4さんはけっこう元気で、前を引く時間も長い。
10kmまでの5㎞は13分32。
去年の13分28とあまり変わらないので良いペース。

10㎞~15kmも基本はBR4さんと僕で回す感じ。
K坂監督はやっと付いてる様に見える。
そのうち完全に僕とBR4さんで回す展開。

15㎞までのラップは13分45。
去年とほとんど同じ。
こりゃ6分台だな、とこの辺で既に予想。

しかし今日は前回程元気が無かった。。
BR4さんは明らかに僕より強い。
全然「BR4」じゃないな・・・と思う。
前に出られると付くのが大変。

15㎞過ぎて4合目付近。
BR4さんが前に出ると2枚ほどギアを上げてダンシングで加速。
それでも付くのはそれほど大変ではないが、千切りたいのか?

この辺から、ツライのもあって後ろでずっと付いている人達が気になる。
BR4さんと交代する時に、何となく後ろに下がって確認すると集団は僕を含めて5人。
僕が下がると今まで引かなかった選手も前に出るようになった。

太鼓の応援を過ぎて20㎞手前。
ここから青ジャージの去年も同じ集団で走ったM崎さんが前に出て引き始めると、ペースが一気に上がる。
ここでちょうど19㎞地点。

一瞬、何となく差が開いてしまったかと思うと、見る見る5m…10…。
BR4さんともう一人、3人に行かれてしまう。

僕と後ろはたぶんK坂監督。
山岳賞を意識したペースアップなのか?と思い冷静に追う。

ここで去年同じ集団で回した神奈川のN嶋さんをパス。

20㎞地点までの5㎞は14分18。
去年よりも15秒速い。
それでも3人との差は見る見る開く。。
付きたかった。。かなり後悔。。

20km過ぎた所で、監督が「引きますよ!」と言って前に出てくれた。
K坂さんも過去にアスリートで3位に入ったことがある実力者だ。

御庭手前の坂を上り始めたところで、前の3人は平坦に入るのが見えた。
平坦に入ると監督の引きは凄い。
TTなどでも活躍されているので、さすがに平坦はキレがある。

2人で交代しながら平坦を良いペースで走り最後の坂は何とか監督を振り切ってゴール。

最後の4㎞は9分30で去年と全く同じだった。
でも今年は集団ながら回すメンバーが少なかったので厳しいレースでした。
監督はあまり引けなかった事をかなり恐縮していた。

ゴール後は、最後に千切られた群馬のM崎さんや、山口のI本さんに久々にお会いしてお話することができた。

下山してうどん食った後に、かんchanに会う。
c0070357_23543385.jpg


今回は仕事が大変で全然ダメだったみたい。
しばらく談笑して分かれる。

そそくさと荷物を片付け出ようとするが、12:30まで駐車場から出られないとの情報が流れ、
しばらく車内で待たされるも10分ほどで出ることができた。

帰りは御坂~石和温泉~雁坂~長瀞に帰宅。

今回は体調がまずまずだったけど、去年並みに走ることができた。
実力的には現状維持~微増ってところでしょうか?

参加された皆さんお疲れ様でした。
またレースで会いましょう!
[PR]

by sekinao1 | 2009-06-09 20:15 | レースレポート


<< 新車披露      LAST GIGS >>