アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 26日

第1回三峰ヒルクライム レポート

三峰ヒルクライムに参加された皆さんお疲れ様でした&僕の田舎にようこそでした。

まだ調子は80%ってところですが、案の定レースの方も80%くらいでした。
まぁ事故も無く、心配された天気も回復したので何よりでした。

以下レポ。


■前日

送別会だったが早めに帰宅したので朝は普通に起きれた。

雨が降っているので午前中パワマジで1時間。
途中、10分だけ上げてみる。

5分かかって85%、その後5分で88%まで上げる。
脚の疲れが少し、心拍もちょっと上がりにくいかも?

長瀞経由で三峰に移動。
c0070357_23541073.jpg


tarmacさんと神社併設の興雲閣に宿泊するが、tarmacさんはかなり遅くなるとの事。

一人寂しく18時に夕食を済まし、tarmacさんは21時過ぎに到着。
tarmacさんの夕食と自転車話に盛り上がった後、23時に就寝。

■レース前

5時半に目覚ましをセットするも30分寝坊。
レースには気負いが無いのでよく眠れた。

予報通り晴れそうな天気。
c0070357_23541013.jpg


急いで朝食と軽量化を済ます(笑)。

宿のチェックアウトと支度に手間どい、忙しくなる。
しかし途中、神社のおみくじを引くなどしつつ駐車場まで。
c0070357_23541184.jpg


tarmacさんと三峰トンネルまでの3㎞を軽く追い込んでアップし、レースのコースを下りスタート地点へ。

途中で案の定、関係者に逆走しているのを咎められたが、興雲閣に泊まった事を話し了解を得る。
受付終了まで残り5分だった、危ない危ない。。

荷物を預け、ますらおさんやよっしーさんと話しつつスタートを待つ。

■レース

僕のクラスは人数が少ないものの、龍勢でいつも勝ったり負けたりの、A〇P〇A〇KのSさんと、大〇屋のTさんがいる。

登録者のますらおさんは9時早々に、三十路前半クラスのよっしーさん、tarmacさんは2分前にスタート。

んで僕のクラスがスタート。
いきなり飛び出す選手。

つられて10人くらいが追いかける。
僕はつられはしないけど、離されないように走る。
飛び出した選手にSさんが追いつき、その後、Tさんも続く。

僕も徐々に順位を上げ急坂が終わるところで3番手で走る。
しかしスタート直後から脚(特に前モモ)の筋肉が張って、あー今日はダメだ。。と思う。

急坂を終わっても心拍はやっと85%。
SさんもTさんもだいぶ遠くなる。。

とりあえず3番手をキープし、2人に追いつけるようにできるだけ頑張るが、平坦のスピードもイマイチ。
渓流釣場前で同じクラスの人が追いついてきて、このままバトルか?と思うが気にせずに前を引く。

ここでtarmacさんをパス。
急坂も落ちてくる人を目標にペースを維持。、
この辺でやっと脚の張りが取れてきたが、心拍は相変わらず85%をちょっと越える程度。。
普段よりも5拍は低い感じ。

同じクラスの人の気配を感じつつも急坂が終わる頃には気配も消える。
その後、前のクラスの人をパスしつつ、後ろに何となく付かれる気配を感じつつで走り続けるが、先に行ってしまった2人は全く見えん。。

下り手前までペースは維持できた。
ゴール地点が1㎞程手前になったので、下ってトンネルを通って上り返した東屋の先がゴール。

何かあまり疲れずに終わってしまった感じだった。
その後、女子の1位の人が話しかけてきて、そのまま三峰トンネルの先まで。

下ってよっしーさんやますらおさんと合流。
よっしーさんは39分台で実力通り総合でも1位の記録。
c0070357_23541141.jpg


奥秩父の山々をバックによっしーさんのマドン撮り。

ますらおさんもよっしーさんとさほど遅れず、40分代前半。
僕は42分後半でした。。ダメダメェ~!

■レース後

表彰式で久々にトロフィーをもらったのはちょっと嬉しいが、成績自体は嬉しくない。

駐車場でますらおさん、tarmacさんと談笑後別れ、tarmacさんと昼飯へ。
秩父の実家近くの蕎麦屋に行き、たらふく食べる。

tarmacさんと別れ実家へ。
c0070357_23541297.jpg


実家に賞状とトロフィーを預け、1時間ほど昼寝し都内宅に帰宅。
レースを走ったら、今までの練習疲れがドッと出た。

今回はダメな部分がわかったので、出てよかった。
来週から連休だし、富士に向けて頑張りたいと思います。
[PR]

by sekinao1 | 2009-04-26 23:16 | レースレポート


<< 飲み会の後・・      三峰ヒルクライム速報 >>