アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 08日

陸上に学べ

以前から陸上関係のトレーニング理論やノウハウはけっこう参考になると思ってます。
日本の陸上長距離はレベルが高いので鵜呑みにしてもそうそうハズレは無い?

ただ、概して科学的と言うよりは経験則から書かれている内容が多いかな?という気がしないでもない。
伝統があって競技人口も多い世界なだけに?やり方もある程度確立しているのか?

完全休養が必要か必要でないかについて書いてあった。
陸上長距離の世界でも意見が分かれるらしい。
完全休養賛成派でも完全に休むのはせいぜい2日までで、3日休んだらダメなんだとか。
シーズン中かどうかにもよるけど、確かに3日も休んだらダメだろう。

シーズン中は週単位で鍛錬期→回復期→調整期→レースの繰り返しだそうです。
まぁこれは自転車でも同じかな?

花粉症でマスクして低酸素トレーニング?などと思うけど、山梨学院大で昔やっていたそうです。
継続して行うと高地トレーニングと同様の成果が得られるという実験データもあるのだとか。

「走り込み」とよく言うけどどれくらいのペースなのか?
旭化成ではLSDとかジョグペースではなく、レースペースの85%くらいの、速くもなく遅くもないペースで「走り込み」をやっているんだとか。

レースペースが心拍90%だとすると、その85%だから心拍75~80%くらい?
陸上と自転車の心拍数は同じに考えない方が良いだろうけど。

気になった話題をピックアップしてみました。

黒人は筋肉がこるという現象が無いと書いてあったけどホントだろうか?
そもそもケニアとかエチオピアの才能ある黒人選手が自転車を本気でやったらどうなるんだろう?
将来はツール上位独占なんて事もあるかも?
[PR]

by sekinao1 | 2007-03-08 23:01 | 徒然なること


<< 三宅島で      mな店 2 >>