アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 20日

龍勢ヒルクライム2006 レースレポート

リザルトが掲載されました。
平均時速が距離12.4kmで計算されてる。。
13.6~7kmが正しいと思います。

負けましたが満足できるレースでした。
7回も試走(アホ)して、そのうち3回もみなさんと走る事ができました。
今年の龍勢は充分に満喫できました。お腹いっぱいです。

以下レポートです。


レース前にしてはそれなりにグッスリ眠れた。
地元の特権だ。
朝起きて初めて出場者名簿を見る。

去年同じクラスで負けたHさんやK野さんはいない。
でもHさんとは走ってみたかったな~。

強い人はtarmacさん、塩原で一緒に走ったzucchaさん、さいとーさんの仲間のコスジさんがいる。
他にも去年tarmacさんの前後にゴールしたSさん、Hさん等。
頑張れば3位以内は可能か?
いや、今日は勝つために走る!

自走で吉田へ。
龍勢会館まで少し追い込んでみる。
気持ちよく90%まで心拍が上がった。
足も軽い。

ただ、今までサドルが前過ぎた気がする。
ベストポジションと思っていたのだが、追い込んだ時に前モモが疲れやすい気がする。
しかしこれでトレーニングを積んでしまったので、レースが終わってから試行錯誤だな。
今日はそのへんがちょっと不安。

時間まで軽く走ったり、着替えたりしてスタート地点へ。
さいとーさんを発見し、声をかける。
全然初めての気がしない(笑)。
いきなり話が盛り上がる。
Bランクさんやかんchanさんも現れて、しゃべるのに忙しい(笑)。

僕のクラスは最後のスタートなので後ろに下がる。
途中でjs1ktrさんがいたので声をかけ、さいとーさんやOK田さんも加わりしばし談笑。

エキスパートからスタートし始めたので、自分のクラスに下がってtarmacさんに挨拶。
前の方で待機して少し集中。
寒いがスタート目前なのであまり気にならない。

いよいよ僕らのスタート。
最前列に並ぶ。

スタートして、zucchaさんが飛び出して前を引く。
調子いいのかな?
身体が冷えてしまったのでウォーミングアップのつもりで付いて行く。

速くもなく、遅くもなくのペースで進む。
風の影響はほとんどない。
湿度があって呼吸しやすい。

心拍は80%強。
だんだん身体も温まってきた。

小学校手前の緩い登りから先頭に出て引く。
時速は30km/h。
心拍を上げていく。
c0070357_23421538.jpg

水車小屋。3.2km。
先頭を引いてたのでタイム見忘れた。。
スピードからして多分6分30くらい。
そのまま本格的な登りに突入。

c0070357_23421505.jpg

いつものTTのペースで走ろうと思う。
後ろは付いてくる気配が無い。
みんな千切れたか?

c0070357_23421535.jpg

程々のペースで…。
このまま独走か?などと期待する。
落ち着いて…、飛ばし過ぎないように…。

c0070357_23421584.jpg

激坂。
時速13km/hくらい。ちょっと速いかな?
先行して走っている人達をパスする。

ここで何人か付いて来ている事に気づく。
2人くらいか?
見たことない人達だ。速いのかな~?
しばらく様子を見よう。

激坂が終わった緩斜面で後ろに付いて来た白ジャージの人が一気に加速して差が開いた。
僕は無理に追わない。
加速からして、オーバーペースで走ってるか実力差がある速い人かどっちかだ。

もう1人付いて来たディスカバリージャージの人が前を追う。
少し差がつくが急坂で追いつくだろうと思い行ったら、やっぱり急坂の途中で追いつく。

c0070357_23421678.jpg

急坂が終わって15分30くらい。
去年のレースよりも1分速い。
普通ならオーバーペースだが練習の時よりだいぶ余裕がある。

その後の緩斜面は白ジャージの人が引く。
僕は一番後ろを付いて行く。

c0070357_23421644.jpg

7km付近。
白ジャージの人がちょっと疲れたか?
ディスカバリーの人が前に出て、少しダッシュしたので僕はすかさず付いて行く。
まだまだ余裕。

先行してる人がけっこういる。
MTBの人がちょっとだけ斜行して、抜く時に軽く接触してしまった。。
大丈夫だったろうか?

細かいカーブが続く部分で僕が前に出て引く。
足は良く回ってる。
ここで頑張りすぎちゃうと交代した瞬間離されちゃうので、程々に行かないと。
心拍とケイデンスを見て冷静に走る。

ここからはどこで前を引くか、と言うことも何となく計算して走る。
ここから下りの手前までしばらく引けば下りで前に出てくれるはずだ。

去年よりも余裕で走ってるし、この前のTTの時の方が苦しかった。
コースを熟知しているので、ギアチェンジも早めにできてるな~と思う。
c0070357_23421743.jpg


後ろを確認すると白ジャージの人がいなくなって、ディスカバリーの人と2人になった。

c0070357_23421780.jpg

9.7km。
平坦で26分50秒。
速い。
去年よりも40秒速い。
いいタイムが期待できそう。

思ったとおりディスカバリーの人はここで前に出てくれた。
コンドルさんと走った時のパターンと一緒になった。
c0070357_23421742.jpg


路面が濡れているので慎重に下る。

登りに入ってもディスカバリーの人が前を走る。
少し付いて行って、前に出てスパートしたいと思ったがだんだんペースを上げてる感じ。
先頭交代はいちおう僕の思った通りのパターンに持ち込めたのだが。。

なかなか前に出られん。。
2人で我慢の走りが続く…。

ディスカバリーの人はノーマークだったが強い。
まだこんな人がいたんだ~と思う。

残り2km。
この前のTTでコンドルさんがアタックをかけた部分に来る。
余裕があれば今日はここで「コンドルアタック」をやってみたい!と思っていたのだが…。
思っただけだった。。

ディスカバリーの人は緩斜面でかなり加速するので付いて行くのが大変。
相手もかなり疲れてる感じだが僕もだ。

ここで不安だった前モモが疲れてきて、足が回らなくなってきた。
加速に付いて行けなくなって来てちょっと離される。。
それでもまだまだ見える位置にいるのであきらめずに追う。

c0070357_23421787.jpg

ここで36分台。
すぐ前にいるが追いつかなかった。。
実力の差?根性の差?

ゴールで37分40を切ったくらいか?
中盤は90%前後の一定ペースで走り、ラスト1~2kmは全力で追い込む最高のペース配分だったと思う。

ゴールしてディスカバリーの人と話す。
まだレースを始めて間もないらしい。
それであの走りだからポテンシャルが違うかもな~。
js1ktrさんの知り合いとわかる。

僕も気持ちが弱い部分があったかな~?
枝折でT崎さんに10秒差で負けた時のパターンだ。。
でもあのまま付き位置で行ってスプリントで勝っても嬉しくはなかったな。。
僕は勝つと天狗になるから、ギリギリ負けておくくらいでちょうどいい。

タイムは37分25。
総合で3位のタイムだった。信じられん。
今日のレースは良くて37分後半、悪くて38分後半~39分くらいだと思ったが。。
これも7回も試走(アホ)した成果だろう。
僕はどちらかと言うと勝負よりもタイム重視なので嬉しいです。

総合1位はエキスパートで勝った人で36分40秒台。
37分切った人ってここ何年もいなかったんじゃないか?
来年は37分切りが目標かな?

頂上で着替えたり、みんなと話したり表彰式で写真撮ったりと忙しかった。
c0070357_23421860.jpg

さいとーさんのお仲間のコスジさん&バキンさん、塩原で一緒に走ったzucchaさんとも話せた。
またレースで会いましょう~!

c0070357_23421865.jpg

エキスパート表彰。

c0070357_23421878.jpg

男子A。

c0070357_23421863.jpg

男子C。

c0070357_23421975.jpg

男子D。
Bランクさんメインで(笑)。

雨の中下山。
さいとーさんやjs1ktrさんと話しながら下る。

c0070357_23421952.jpg

賞状や賞品を受け取るために元気村へ。。
これはちょっとめんどくさかったが、貰えるんだしその分走れたので良しとしよう。
主催者の方も「来年は渡し方を考えないと…」と話してました。

js1ktrさんも来たので挨拶してお別れ。
自走で帰宅。
寒いのでずっと80%以上で追い込んで帰る。
荷物が無ければもう少し走って帰りたいんだが…。

レースの疲れはあまりない。出し切れてないのが良いのか悪いのか?
あっという間に長瀞。

無事帰宅。
今年も終わった~。

思えばちょうど4年前にクロモリMTBであのコースを走った時は、1時間9分かかりました。
40分で走る人達が信じられんでした。
成長したな~。

c0070357_23422057.jpg

やっとボジョレー解禁。


頂上で甘酒飲み忘れた…。



コンドルさん
2回一緒に走った事が結果的に今回のシュミレーションになった感じでした。
2人の争いになってからはイメージ通りのレース展開に持ち込めました。
あとはあの「コンドルアタック」ができれば…だったんですが、やっぱ自分には無理っす。
負けるところまでシュミレーション通りでした(笑)
また練習におつきあい下さいm(_ _)m


■主な結果

・エキスパート
 かんchanさん 3位 …火事場の馬鹿力

・男子B(30~35歳)
 tarmacさん  4位 …大幅タイム短縮

・男子C(36~45歳)
 さいとーさん 1位 …おみごと
 js1ktrさん  3位 …落車が残念。。でも3位

・男子D(46~55歳)
 Bランクさん 2位 …順当?

ってところでしょうか?
上記の人は来年エキスパート?

みなさんお疲れさまでした。
来年もよろしくお願いします。
[PR]

by sekinao1 | 2006-11-20 21:16 | レースレポート


<< 電池切れ その後      龍勢ヒルクライム速報 >>