アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 03日

トンデモツーリング

龍勢TTも無事終わり、僕とtarmacさんはみんなと別れ土坂峠へ。
談笑しながら土坂峠へ行き、一気に下る。

群馬に出て「道の駅万葉」で補給する。
この後tarmacさんは「速くもなく遅くもなくで」行きたいとの事。

既に13時半。
塩ノ沢峠は行った事ないのでtarmacさんに前を走ってもらい僕は付いていく。

tarmacさんは普段どんな練習するんだろう?と興味もある。
走り出すとさすがに良いペースで走る。
「速くもなく遅くもなく」だ。
c0070357_23414269.jpg

写真を撮る余裕もある(笑)。

その後何となくペースが上がる。
僕はピッタリ後ろについてしまうと練習にならないので、風を受けるくらい離れて後ろを走る。
心拍は既に165だ。85%近いハイペース。
「速くもなく遅くもなく」?ちょっと不安になるが少し走ってペースダウンすると思い付いて行く。

R299になって登り基調だがペースは落ちない。
かなり追い込んでる感じ。
たまに心拍170を越える。

前に出る余裕もなく付いて行くのみ。
「←ぶどう峠」の入口に来ても更に進む。
うっかりすると離されてしまう。
この辺に来て、「tarmacさんはこのまま峠まで行くつもりだ~」と確信する(汗)。

塩ノ沢峠はもっと先?
終わりがわからないハイペースは辛い。。

塩ノ沢峠への上りでR299を右折。
しばらくは平坦基調の登り。
変速がうまくいかずちょっと離されるが、急な部分で差を詰める。

峠は何キロあるのかもわからん。
ペースは落ちず、差を詰めるのがやっとだ。
急勾配で追いつくがペースアップして離される。
これはもはやレースだ~。

その後は緩斜面が延々と続く。
100m程離された後、20~30mまで追いついた。
そのまま付かず離れずで心拍は175の90%近い。

tarmacさんは長距離を高強度で走るのが得意なのか~?と思う。
きっとそうだ、絶対そうだ。やっぱり実力はダテじゃない。

その後は背中を追いながら、「峠はまだか~?峠はまだだ~…。そろそろ峠か~?いやまだだ~…。」を繰り返す。
しかしtarmacさんのペースはトンデモね~。
2人ともTTで疲れてるから出力は出てないと思うんだけど。

タレそうだ~と思った所でやっと峠。
今日の調子でこんなに追い込めるとは思わなかった。
やっぱり相手がいると高強度で走れる。

c0070357_23414239.jpg

その後はゆっくりと話ながら尾根沿いの林道へ。
更に「追い込みましょう!」と言われたらどうしようかと思ったけど、ホッとする。。(笑)

途中で志賀坂の登り口あたりに下る道、その先にも土坂の登り口あたりに下る道があるはずだ。
来た事はないが地図で見たことはある。
志賀坂に下る道は何と土砂崩れで通行止めだった。
さらに尾根沿いの林道を進もうとするが、何とここから未舗装。。

2人ともすぐに舗装路になると思ったので進む。
行けども行けども舗装路は現れない。
しかもかなり道が悪い。
ガタガタでタイヤを取られる。。

そんな感じでしばらく走る。
登り区間では緩斜面なのに11km/h。
引き返せないほどかなり走ってしまった。。

案内板を見てここが「御荷鉾スーパー林道」だとわかる。
と言うことはしばらく未舗装が続くはずだ。
トンデモない道に入り込んでしまった~。

時間的にも15時半を過ぎて、2人に(僕だけ?)、
やべぇ~…
と言う雰囲気が漂ってきた。。

だいぶ走ったな~と言う所でやっと舗装路。
良かった~とホッとして走っていると、すぐにまたガタガタの未舗装。。
自転車が、と言うよりもパンクが心配だ。
パンクのリスクは2人いると2倍になるな~などと思いながらひたすらガタガタ走る。

c0070357_23414271.jpg

時間は既に16時。
龍勢会館までここから1時間以上はかかるな~。
完全に日が暮れる~。
ライトは?二人とも持っていない。。

c0070357_23414340.jpg

写真撮る余裕はあるけど(笑)。とりあえず急ぐ。
下り区間では全力でブレーキを握る。
tarmacさん曰く、シクロクロス。
これこそまさに「セルフディスカバリーアドベンチャー」だ。
僕はtarmacさんの後ろを走りながら半分ヤケクソだ。

時々現れる案内図を見てそろそろ舗装路かな?と期待する。
程なくして本当に舗装路。良かった~~。
ロードバイクってけっこう頑丈なんだな~と思ったけど本当に大丈夫か??

しかし更にここを下って土坂峠を越えて下らなくては。
舗装路を下るが見たことない激坂付きの急で長い坂だった!
今度是非登りに来よう。

c0070357_23414386.jpg

神流町で一旦補給し、急ぎめに土坂を上る。
下る頃にはすっかり日も暮れ、かろうじて道が見える状態で峠を下る。
僕はカーブを覚えているので先に下る。
たまにtarmacさんを確認。

トンデモない時間になってしまった~。
大急ぎで龍勢会館に向かう。

やっと着いた嬉しさで、最後は坂道スプリントしてしまった(笑)。
17時半を回っていた。。

龍勢会館から長瀞まで45分。
裏道をゆっくり帰れば何とかなると思ったけど、「危ないので。」とtarmacさんが車に自転車を積んで送ってくれた。
c0070357_23414481.jpg

と言うことでご乗車~。
いやぁ~助かりました。

僕がトンデモない山奥に住んでいる事を知ったtarmacさんは驚いていた(笑)。
18時半前だった。

走行時間:6:03:00
走行距離:144.57km

c0070357_23414491.jpg

いろいろとトンデモない事があった「トンデモツーリング」。
tarmacさんありがとうございました&お疲れさまでした。
以前「今度稽古つけて下さい!」なんて言われましたが、僕がすっかり稽古つけられちゃいました。

今度はあのトンデモない激坂を登りに行きましょう!
[PR]

by sekinao1 | 2006-11-03 23:59 | 練習


<< 塩沢峠      龍勢TT(第6回) >>