アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 02日

第2回スポニチ塩原温泉ヒルクライム レースレポート(1日目)

JCRCの第7戦。
今回は初めての2日間のヒルクライムレースだ。

1日目は7.9km、5.8%の個人TT(タイムトライアル)。
2日目は国道400号線を走り、TTと同じ山を上るクラス別ヒルクライムレース。

最近15~30分位の坂道を高強度で走る練習をやっておいた。
特に2週間前は絶好調で2日に一度くらい追い込んで走れた。
ただその反動か、今週になってからあまり調子が良くない。

僕の参加するAクラスはどういうわけか14人。
他のクラスに比べて異常に少ない。
実力を発揮できれば上位入賞は十分可能だ。

1日目の個人TTは14時過ぎからスタート。
11時過ぎには到着してコースの下見をしたいので8時前に出発。
群馬、栃木方面に出る時は都心を通らなくて済むので時間の予想がしやすい。

東北自動車道は10年ぶりだった。
c0070357_23405174.jpg

空いていて走りやすい。
途中SAに寄って10時過ぎには塩原温泉街。

コンビニに寄る。
ワゴンが停まって若い男の子達が降りてきた。
高校の部活かな?と思う。
良く見るとワゴンに「ANCHOR」と書いてある。
そうかブリジストンアンカーの選手達だ。
雑誌で見たことのある監督の藤野さんもいた。

選手の一人が、
「あ~日本だ~、やっぱ日本はいいな~。」
と言っていた。
田代選手のHPで見たけど、この子達はシーズン中はヨーロッパでレースに出てるんだっけ?
すげ~な~。
恵まれた環境で自転車競技に集中できてるんだな~。
でも自転車で食ってるんだからプレッシャーは相当なものだろう。
などと考えながら会場の「箱の森プレイパーク」という公園に向かう。

まだ時間があるので先に車でコースを下見することにした。
公園の入口でお巡りさんに止められたが、下見したいと言うと行かせてくれた。

c0070357_23405196.jpg

大部分が2車線の広くて走りやすいコース。
コースは序盤は緩斜面が多く、上の方に向かうにつれて勾配がきつくなる感じだ。
特につづら折れのカーブがかなりの勾配になる。
ギアチェンジとかペース配分が難しいコースだと思う。
ゴール前の500m位は緩斜面になっていてラストスパートができるだろう。

c0070357_23405105.jpg

ゴール地点。
先は行き止まり。
一般車は登って来ないから規制もしやすいだろうし、良いコースを見つけたもんだ。

「箱の森」に行き車を停め受付を済ませる。
c0070357_23405257.jpg

会場のステージ。
TTのスタートリストをもらう。
各選手15秒間隔でスタートする。
僕はゼッケン10番。Aクラス10番目で14時23分15秒スタートだ。

c0070357_23405297.jpg

あの山を登ります。
その辺をフラフラ走ったり、ステージ前の芝生で横になったりして時間を過ごす。
スタート時間に合わせてローラーでアップを開始。
30分ほどアップするが今日はけっこうイイ感じだ。



スタート地点に行きスタートを待つ。
待っている間どうも心拍計の調子が良くない。

Sクラスがスタートして、次にAクラスの選手が続々とスタートする。
スタート直前に心拍計を見ると「00」になってる~。ご臨終だ~。。
そのままスタート。

「箱の森」の中は約1km。
アップダウンが続く。
まずまずのペースか?
公園出口の右ペアピンカーブを曲がり山道に入った瞬間、同じクラスの選手がチェーンを外して止まっていた。
あぁ~かわいそうだ。

復帰したその選手が追いかけてきて僕を抜いたが、すぐに失速していなくなった。
僕はマイペースで上る。
いい感じで走れてるがちょっと呼吸が荒い。
下ってくる選手達が応援してくれる。
心拍数は「00」のまま。。感覚頼り。

緩斜面が続くのでガンガン行きたい。
インナーでギアを重くしていくとカラカラ音がする。。
アウターに入れてみるが、こっちもガチャガチャ言ってしまってアウターに入らん。。
調整にミスったかな?

前にまた選手が見えてきたので、緩斜面で一気に抜こうと試しにまたもやアウターに入れるがまたもやガチャガチャで入らん。。
結局インナーのまま走る。
そんな事をしていてちょっとタイムロスしてしまった。。

中盤は一定ペースを心がける。
ちょっと前半飛ばしすぎたか?息が苦しい。
でも集中はできてる。

Sクラスの選手も落ちてきたのでパスする。
僕もゼェゼェハァハァ言っててけっこう失速してる。

残り1.5km。
前に選手が見えてきたのでその人には追いつきたい。
最後の急坂で追いついてゴール前の緩斜面で抜く。

ゴール前でギアを上げていくがまたしてもガチャガチャして失速。
せっかく抜いた選手に差を詰められてしまったみたい。

ゴールして23分40秒くらいだった。
22分台、できれば22分40秒くらいで走りたかったが全然ダメだった。
心拍計が動かなかったのと、ギアチェンジに手間取ったのが痛かったな。

SクラスのMさんがいたので話した。
今日はあまり調子良くなかったようだ。
調子に波があると言ってたけど、僕と同じだな。

js1ktrさんがゴールしてきた。
タイムはわからなかったらしい。
js1ktrさんはBクラスだが、できればTTのタイムで勝ちたい。
話したり写真撮ったりして下山。

ステージでタイムが張り出されたので見ると、何とAクラスで1位だ!
2位とは17秒差くらい?
山の練習をしただけの事はあったな~。

表彰式は多くの人の前で一番高い所に立つことができた。
Aクラスで一緒に走った飯島選手に賞状をもらう。
「僕より速かったです。」
と言われる。
オリンピックや世界選手権にも出た飯島さんに勝った~!と喜びたいけど一般選手に勝たせて喜ばせるのも「ファンサービス」なんだよな~。
実際、田代選手と上尾から「自走」で来たそうです。そういうことね。

しかし今日はjs1ktrさんが速かった。
22分37秒だ。
僕が走りたかったタイムだ。
Sクラスでも上位に入るタイム。

Sクラス以外では僕のタイムはjs1ktrさんに次いで辛うじて2位だ。
Aクラスでは勝てたけど、js1ktrさんには1分差もつけられて完敗だった。

田代選手は20分台で異次元の走りをしていた。
200km走った後にこのタイム。
言葉も出ません。

夜は西那須野のビジネスホテル。
c0070357_23405249.jpg

夕飯で西那須野を散策するが驚くほど何も無い。。
そう言えばハンターマウンテンにスキーで来たっけ。
懐かしいな~。

夕食は弁当屋で済ます。
朝早いからあまりゆっくりできなかった。

c0070357_23405271.jpg

しかしあの坂をまた明日もか~。しかも苦手な早朝レースだ。。
ゼェゼェハァハァ上っている時は「ここを明日も走るなんて冗談じゃねぇ~」と思ったけど2日間走りたくて来たんだし、暫定1位なので頑張ろう。
[PR]

by sekinao1 | 2006-10-02 22:14 | レースレポート


<< 第2回スポニチ塩原温泉ヒルクラ...      第2回スポニチ塩原温泉ヒルクラ... >>