アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 28日

第21回 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍   レースレポート その2

当日。
4時起床。

6時頃から軽くアップ。
6時40分に宿を出て、荷物を預けて並ぶが前の方は既にいっぱい並んでる。
遅すぎたっぽい。
前に50人ほどいるけどしょうがないか。

7:30スタート。
最初は集団。
できるだけ付いていく感じであとは心拍数とご相談。

さすがにペースは速い。
25km/h~30km/h近く出ている部分も。
心拍数は165くらい。

c0070357_23400171.jpg
善五郎滝前のカーブを過ぎる。
クルクル回して先頭集団に付く。
前に20~30人。
心拍も上がってきた。174くらい。
このままなら付いて行けそうと思うが。。


休暇村あたりの緩い部分で心拍170くらいに落ちてきたけど、なぜかきつい。
低く抑えると言うよりも上げられない感じ。

無理に付いて行かずに走る。
ここで一定ペースで走りたいのだが、どうやら今日はダメっぽい。
呼吸が荒くなってるのがわかる。

三本滝手前でだいぶスローダウンしてしまった。
先頭集団は速かったけど、オーバーペースだったとは思えないが・・・。
けっこうな人数に抜かれた。
付いて行く気にもならん。。

三本滝で19分40秒くらい。
ここから勾配がきつくなってくる。
170以上の心拍で走り続けたいが既に165くらい。
周りに離されないように走る。
中間点過ぎまでは前を追い上げる感じで走れた。

ここから勾配のきついつづら折れが現れる。
常にケイデンス高めを意識して走る。
平均時速は19.8km。
思ったほど遅くない。

誰かに抜かれたり、誰かを抜いたりと言った感じで、特に固まって走る事もなく走る。
位ヶ原山荘手前で残り5kmの看板。
やっとここまで来た。タイムは48分。

残り4kmで51分。
これなら1時間5分切れるかと思われたが、ここから勾配がきつくスピードが出ない。
15km/h以下になってしまう部分が多かった。

残り3km。
55分20秒。
3km10分ならまだなんとかなる!と思うが勾配がさらにきつくなる。

残り2km、59分30秒。。
ダメだこりゃ。

ゴールで1時間8分は切ったようだ。
やっぱり前半の失速が痛かった。。
でもこの走りで7分台なら上出来だ。

頂上で猛者たちに話しかけた。
去年総合2位だったM崎さん。
「ブログ見てますよ~」と言って話しかけた。
秩父方面に良く走りに来ているようだ。
今日は切れてしまってタイムも順位もわからないとの事だった。
「今年も龍勢出ます。」と言っていた。
感じの良いおにいさんだった。

藤田さんにも話しかけた。
3位だったらしい。
「時計は持たないので、タイムはわからないね。」との事だった。
ちょっとお疲れの様子。
お邪魔だったかも。。

草津で一緒に走ったK野さんを発見。
去年は4分台で走り、30代前半クラス優勝。
今日は草津以来のK野さんと会って話すのが楽しみだった。

K野さんからロードレースの話を聞いて僕も出てみようと思ったので、そのへんの話で盛り上がった。
今日は6分台で「ダメでした。」とのこと。

一緒に下りながらずっと話してた。
同じ2003年のTREKに乗っている。
僕が5900で彼がマドン。
「マドンは下りや平坦で加速しますよ~。」とのこと。
ロードレースでも威力を発揮する、との事で交換して走らせてもらった。
身長が同じ位なのでポジションもバッチリ。
ホイールの違いもあるかもしれないけどマドンは剛性があってずっしりとしている。
確かに加速すると下りで伸びる感じ。
僕の5900は「ステムからフロントフォークのあたりがすごく軽い」と言っていた。
僕はまだ自分のロード2台しか乗ったこと無いけど違いがはっきりわかった。

K野さんと別れて10時に宿に戻ってこれた。
廊下や階段の音が気になる宿だったけどアットホームで良い感じだった。

c0070357_23400159.jpg
窓の外でミヤマクワガタの♀が飛んできて網戸に止まる。
お持ち帰りした。


帰る前に結果だけ確認。
1時間7分51秒でクラス47位。

優勝はあづみのの山本さんで57分。
2位にシルベストの下林さん。
3位が藤田さんで、4位が村山さん。
みんな58分台。

何度レース行っても思うが、レース疲れよりも旅行疲れする。。
レース前にしっかり休む、旅行疲れは最小限に。
そのへんを克服しないとレースでは実力が発揮できん。

天気良かったし、乗鞍最高。
不完全燃焼だったので、できれば近いうちリベンジ走に行きたいところです。
[PR]

by sekinao1 | 2006-08-28 22:19 | レースレポート


<< みっけ      第21回 全日本マウンテンサイ... >>