アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 16日

第11回ツール・ド・草津 レポート

c0070357_23383876.jpg

4度目のレース。
3時起きして行ってきました。
疲れました~、非常に。

草津のHPに早くもリザルトがアップされました。

今回も今後の参考のために自己完結的かつ、自己満足レポート書きます。
すごく長くなると思うので、おヒマな方読んでください。

練習できてるので強くなってる気がするけど、調子は最悪でした。
まだこの時期はトレーニングのためのレースと思ってるので気分的なものもあります。

昨日一昨日と調整で乗ったつもりが少し乗りすぎちゃいました。。
で、疲れが残っちゃいました。乳酸が体を駆け巡ってアップアップしてました。
前日受付のための往復もやっぱ疲れたみたいです。

あと、3時起きするんで19時に寝たけど22時に目が覚めちゃってその後ほとんど寝れませんでした~。
やっぱり体調を重視したら泊まりが良かったみたいです。

極めつけはレース前なので自転車を休んだら体重が2kgも増えちゃいました~。
カロリー気をつけているにも関わらず。
1日中動き続ける仕事を辞めたばかりだから太るのも無理ないです。
でも前の仕事続けてたら土曜日は稼働日だったので出れなかったのでまだマシです。


「ツール・ド・草津」は湯畑などの温泉街を軽くパレードして、その後白根山までの志賀草津高原ルートを走るヒルクライムレース。
今年は1200人エントリーしているので中規模レースと言ったところです。
パレード走行が5km、レースが13kmと言ってるけど正確な距離は謎。
殺生ヶ原までの6kmという初心者用のカテゴリーもあります。
スタートの標高が1250m、白根山のゴールが2000mくらい。
秩父で峠の一番高い所が1250mだから高地レースです。

スキー場が終わった翌週にヒルクライムレースとは草津も考えたもんですね。
レースに合わせて白根山までの道を除雪するので、まさに草津の春を告げる一大イベント。
今年は雪が多かったので除雪が大変だったみたいです。

今朝4時半に出て6時半に草津着。
草津は昨夜雪が降ったらしく、温泉街に止まっている車は雪を被って真っ白。
中止かコース短縮のどっちかだろう?と思ったけど、奇跡的に晴れちゃいました。
今日の体調だと白根山までの13kmを全力で登れる気がしなかったので、あ~晴れちゃった~って感じ。
殺生から先は下見できてないし、体調的にも殺生コースで充分な気がする。

すごく眠かったけど、とりあえず駐車場にローラー台を設置してアップ。
ちょっと目が覚めた。

男子Bはクラス別で最初の10:00スタート。
空いてるコースを走れます。

パレード走行スタート。
なるべく前に行く。
温泉街の客や旅館の従業員が沿道で見てる。
気持ちいいなーこういうの。
それよりもスタートで出遅れると先頭争いに加われない。
先頭集団には去年総合優勝した藤田さんがいる。
雑誌で紹介されていた彼の1時間集中トレーニングを参考にして仕事で忙しい時もがんばってきました。
とりあえず藤田さんをマーク。

そもそも競技のルールがイマイチ不明。
順位はグロススタート(ヨーイ!ドン!でゴールした順)なのか、ネットスタート(タイム順)なのか?
競技案内のパンフレットにも書いてない。
自転車にセンサーを付けたのでたぶんネットスタートなんだろう。
良くわからないから念のため前でスタートしたい。

スタート地点まで集団を藤田さんが引く。
温泉街からスタート地点まで上りなので、その時点で集団が絞られてきた。
スタート地点手前。ペースが上がる。
僕の前に4人。付いて行けそうなペースなので付いて行く。
スタートを過ぎて先頭の藤田さんがスーッと僕の左側から後ろに下がる。
3人で前を引けって事なのかな?と思い走っていると、後ろから藤田さんが一気にアタック。

アタックには反応しない、と言うかそんな意欲は無い~とこの時点で悟る。
前で何人か藤田さんに付くが、自分はとりあえず一定ペースで行こうと決める。
この時点で4番手から3番手、心拍数は既に180行っちゃってる~。

藤田さんのアタックに反応してちぎられた人を追う形で僕が3番手、後ろに1人。

やべぇ~~~っ!!スタート地点でストップウォッチのスタート押すの忘れた~。
スタート地点でペースが上がったので忘れちゃいました。
距離も時間もわからなくなってしまった。。
コースがわからないので距離を見たかったのに~。最悪だ~。

2番手の人がだんだん下がってきたので追いつく。
僕の後ろにいた人が、
「K野さん調子どう?」と言うと、前に走ってる人が
「全然だめだね~」と言ってる。

K野さん?探してたけどここにいました。
去年の秩父のレースで4人で先頭争いして僕が4位、彼が1位でした。
去年の草津は藤田さんに次いで30代クラス2位の実力者です。
マークしようと思ってたんだけど見当たらなかった。

殺生が原までの6kmは勾配5%程度。
2番手グループ3人になった。
僕が前に出て2人が付いてくる。
ほとんど僕が引いてる感じ。
いかんせんまだまだレース初心者なので、最初は元気だから無理しちゃうんだよなーと思いつつも前を引く。
後ろの2人は休んでるんだろうな~と思う。

殺生が原。6km地点。
もうここでやめたい~・・・と後ろ向きな考え。
ここがゴールと間違えてやめても、係の人に指摘されるのがオチだ・・・などとよけいな事を考える。

c0070357_23383819.jpg

何度も写真載せたこのスキー場の所です。


c0070357_23383927.jpg

二度も車で来たけど通行止めだったので、ここからは未知の世界。
勾配も6~7%になってかなりきついはず。

今日の調子だとどこでヘタばるだろう?
ヘタばって後ろから次々と抜かれる光景を想像してしまう。。



殺生が原を過ぎた硫黄臭い部分でもう1人の人がアタックする。
アタックには付いて行かない、と言うか行けない。。
K野さんが追えば一緒に行こうと思ったが彼も行かない。

心拍数はずっと180以上なのでちょっと休みたい。
K野さんが前に出てくれたので177位に下がった。
170台になると楽。

c0070357_23383946.jpg

予想通り勾配がだんだんきつくなってくる。
2人で先頭を交代しながら登るけどだんだんペースが落ちてくる。
両側に雪の壁。


c0070357_23384078.jpg

つづら折れの斜面を登る。
滑り止めの塩化カルシウムが撒いてあって、パリパリ音がする。
このカーブの先は緩斜面だろう、と期待するけどさらに急になってがっかりする。
カーブを曲がるたびにがっかりする。。


c0070357_23384053.jpg

上を見ると坂道が延々と続いて更に気持ちが萎えてくる。。
やめたいがここまで来るとやめられん。
行ける所まで行くしかない。
残り何kmだろう?と考える。
とりあえず我慢我慢。
まだ5kmくらいあるだろうか?
ここで切れたら一気に落ちそうな気がする。


残り3kmの看板。
ここで離されたら去年の龍勢の二の舞だ~と思う。
我慢我慢。
3kmを全力で走る練習はやってるからそれを思い出す。
でもこんなにバテバテの状態ではやってなかったな~、などと思い更に気持ちが萎える。

横っ腹が痛くなってきた。。
最近自転車乗っていて横っ腹が痛くなる事がある。
腹の調子もイマイチだからか?

ゲロ吐きそうになる。ちょっと離された。でも2~3秒。
勾配はかなりきつい部分が多くなってきた。
時速12km~13kmしか出ない部分もある。
こんなんじゃ後ろに追いつかれるんじゃないか?ってほど遅い。。
K野さんも同じペース。ちょっと安心。

残り2kmの看板。
10秒くらい離された。
ふんばりどころ。
心拍計を見ると177。
バテてくると180行かなくなるみたい。
空気が薄いせいか?

あと1kmちょっとと思うと元気が出てきた。
勾配の緩い部分でちょっと休めた。
このままゴールできると確信。

残り1kmの看板。
ペースアップする。足はまだ残ってる。
ここでペースアップできるんだから成長したなーなどと考える。
後ろも来ないしこのままゴールできそうだ。

残り500m。
K野さんに離された差を縮めてる。
すぐ前にいるんだけどなかなか追いつけない。

c0070357_23384043.jpg

最後の直線。
ラストスパート。
やっぱ足が疲れなくなったなーと実感。


後ろに追いつかれる事なく4番手でゴール。
K野さんとの差を縮める感じでゴールできた。
調子の悪さを考えると上出来です。

c0070357_23384027.jpg

ゴールしてK野さんと、2番手でゴールした人と3人でしばらく話した。
2番手の人は兵庫のT川さん。遠方から来られたようです。
去年2位のK野さんに勝ったと喜んでいた。
やっぱりレースもそこそこ大きくなってくると全国から強い人が集まってきます。
K野さんも藤田さんと争って登れる実力があるだけに、今日は調子悪かったみたいです。


c0070357_23384101.jpg

T川さんに名前を聞かれて写真を撮られた。
「速い人をマークしとかなきゃ。」と言われた。
8月の乗鞍はやっぱりみんな出るみたいなので楽しみです。
こうやってだんだんと知り合いと言うか、ライバルが増えていくんですね~。
今日は是非藤田さんと話したかったけど、憧れの人を目の前にして躊躇している間にどこかへ行ってしまった~・・・残念。


K野さんに、
「揺さぶりがうまくて、さすがにレース巧者ですね~。」
なんて言ったら
「けっこうハッタリですよ~。」
って言ってた。
確かにアタックしても付いて来られちゃって、カウンターでアタックされたら付いて行けない時がある。
と言うのはヨーロッパのレース見ていてわかる。
実力が同じくらいの人と争った時に揺さぶりができないと勝てないと思う。
そのへんまだまだ全然できないので、これから練習しないといけないかな?と思う。

c0070357_23384119.jpg

K野さんに聞くと入賞は6位までみたい。
4番手だったのでもしかすると6位入賞できたかも?とちょっと期待。
でも着順ではないので、まだ速い人が後からスタートして登ってくるから結果はわからない。
下に降りて確認したい。


下山前にいろいろ撮っておきました。
c0070357_23384168.jpg

標高2100m。


c0070357_23384241.jpg



c0070357_23384280.jpg

お疲れ~。


c0070357_23384263.jpg

下山。


c0070357_23384353.jpg

写真を撮りながらゆっくり下ってきました。
もちろんレース中には写真撮ってません。


c0070357_23384385.jpg

雄大ですね。
こんなに良い峠はめったに無いです。

c0070357_23384346.jpg

よく登ってきたな~と思う。


c0070357_23384428.jpg

レース中はもちろん景色を眺めてる余裕なんてありませんでした。


c0070357_23384450.jpg

ウソ。本当はK野さんに引いてもらって休んでいる時にちょっとだけ景色を眺めました。。


c0070357_23384443.jpg

スキー場のゴンドラ。
シーズン終わったばっかりだけど、滑りたくなります。


c0070357_23384587.jpg



c0070357_23384528.jpg

陽が出たので路面も凍ってません。まさに奇跡的天候回復。


c0070357_23384509.jpg

凍ってたら危なくて走れません。


下山して閉会式と表彰式に行く。
結果がわからないのでいきなり名前を呼ばれるかもしれん。念のため。
閉会式でミヤタスバルの柿沼さんと藤田さんがしゃべってた。
c0070357_23384659.jpg

左が藤田さん。勝手に載せちゃってますが・・・。
夏場に白根山からさらに登った渋峠で高地合宿してるそうです。

結局藤田さんがクラス別2位。独走だったのでタイムが伸びなかったみたい。
2番手でゴールしたT川さんが5位で呼ばれた瞬間僕の入賞は夢と消えました。。


僕は入賞まで40秒でした。
当然狙える位置です。
まあ、今日の調子で入賞できちゃったら逆に納得いかなかったかも?
だからこれでいいのです。

今回はK野さんに8秒差。
龍勢で上級クラス上位だった人が僕よりも後ろ。
藤田さんには3分差。
これだけではイマイチ自分がどのへんのレベルなのかわからんけど、実力アップしているのは確実です。

温泉はレース会場そばの「ベルツ温泉センター」に行きました。
選手は無料券がもらえたので。
草津の温泉はゆっくり入ってると温まり過ぎちゃうので注意です。

c0070357_23384689.jpg

腹減ったな~と思ってたらカーネルおじさんが
「寄ってかな~い?」
と言うので入っちゃいました。

がんばったご褒美。何年ぶりだろ?


帰りは長野の佐久経由でR299から険しい十国峠を越えてきました。
4時間のドライブも楽しかったです。
でも疲れた~。

トレーニングで気づいていたけど、乗り込んでいるのでレースでも足が疲れなくなりました。
以前はレースに出た後は足が筋肉痛になったけど、今回はダルさが残る程度。
レースでは心臓が悲鳴をあげてます。
しっかり寝て元気な状態で出ないと心臓君はがんばってくれないと実感。
レースの緊張感の中で走るのは良いトレーニングになります。

秋の地元のレースでは後半にバテてK野さん達に30秒以上離された。
それが課題だったので今回はあくまでK野さんをマークした。
8秒差だったのでまあまあ克服できた。

今回の課題はレース前のコンディショニングみたいなところだ。
結果は満足だけど実力が出し切れたかと言うと??なのでそっちの方が悔いが残った。

気持ちも後ろ向きだったし。。
中止にならないかなー?とか、やめようかなー?とか思ってしまった。
そもそもヒルクライムレースで坂道を見て気持ちが萎えちゃいけません。
次回は気をつけたいと思います。

今回は2日連続の日帰り旅行+レースだったからとにかく疲れた。。
寝不足で行くのが一番良くないです。
来年出るなら泊まりで行きます。
[PR]

by sekinao1 | 2006-04-16 19:48 | レースレポート


<< ダイエットふりかけ      第11回ツール・ド・草津 速報 >>