アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 10日

トリノ

今日は給料日だったので早く帰ってきた。


オリンピックが始まりますね。

98年の長野は日本で開催だったのとヒマだったのでけっこう観た。
スキージャンプとか盛り上がりましたね。

02年のソルトレークはほとんど記憶に残ってない。。
忙しかったんだろうか?

オリンピックやワールドカップは基本的に時間があれば良く観る。
4年に一度だからってのもあるし、注目している競技もある。

でも冬季オリンピックは納得いかない部分が多い。

スキージャンプ。
長野で日本が強かったせいでスキーの長さがルール改正になった。
身長の低い日本人選手には不利な改正だった。
以来、日本のジャンプ陣はパッとしない。
納得いきません。

スケートのショートトラック。
あんな狭いコースをみんなでゴチャゴチャ滑っている。
狭すぎて抜けないし、接触してすぐ転ぶ。
スタートで前に出た人が勝ち~みたいな。
一人転ぶとみんな巻き込んで転ばなかった人が勝ち~みたいな。
納得いきません。

ノルディックのクラシカル。
なんでわざわざあんな滑り方するんだろう?
納得いきません。

カーリング。
観ていてつまらないので納得いきません。

スケルトン、リュージュ。
一人で腹ばい(仰向け)になってソリに乗る。
状況的にありえないので納得いきません。

納得いく競技。
スピードスケート。
アルペンスキー。
ボブスレー。

あと、新競技でスノーボードクロスなんてのがありますね。
モトクロスの冬バージョンみたいな。

フィギュアスケートやモーグル、ハーフパイプ。
この3つはけっこう注目してるんだけど。
採点競技で納得いかないこともある。

特にモーグルのここ数年の進化は凄いです。
最近では女子でもエアでぐるりと宙返りする3Dやるようになりましたね。
同じ選手(上村や里谷)があんな技やるようになるとは思わなかった。

モーグルが正式競技になったアルベールビルではフランスのエドガー・グロスピロンが金メダル取ったけど、3Dなんて全然無かった。
次のリレハンメルはカナダのジャン・リュック・ブラッサールが金メダル取ったけど、この時も確か3Dなんて無かった。
ブラッサールは足をバーンと開きながら両腕を前に出す大技を決めたんだった。
技の名前は忘れました。。
ちなみに、この時にグログピロンは普通にスキーを横に振る技をやったんだけど、最後のターンでバランス崩してスキーが×になったんだった。。

長野で金メダルを取った、アメリカのジョニー・モズリーの時で3Dが出始めたと思う。
「アイアンクロスグラブヘリ」ってスキーを×にしたのを手で掴んで宙返りする技を成功させて金メダルだったと思う。

ちなみにソルトレイクの金メダリストはフィンランドのヤンネ・ラハテラ。
彼のターンはものすごく速くて、機械のように足がカクカク動いていたのが印象的だった。

男子のモーグルは笑っちゃうほど凄いです。
「こいつらアホだ~!」と思う。

長野の里谷の金メダルも面白かった。
それまで冷静だった解説者が、彼女が金メダルに決まった瞬間、
「タエすげ~~っ!!タエすげ~~っ!!」
って叫びまくってた。
ちなみにこの時の技は、リレハンメルでブラッサールのやった技と同じだった。

異常に詳しいでしょ?
自分でもスキー行くたびにコブ斜面をボッコンボッコン滑ってたので。
モーグルは背筋や背中の筋肉を異常に鍛えないとできません。

今回も楽しみです。
でもヨーロッパでやるので夜中に観れない。
「眠れない日が続きますね~。」なんてテレビで言ってるけど、僕は寝ます。



一人で書いていて盛り上がっちゃいました。。
長文失礼しました。。
[PR]

by sekinao1 | 2006-02-10 19:18 | 徒然なること


<< とうとう      あー疲れた >>