アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 22日

自転車雑誌

今日は早起きしたのに雨だった。
銀座のジムにでも行こうと思ったが、朝はなんだかんだ40分くらいしかできない。
なので帰りに新百合ヶ丘のジムに行ってきた。

c0070357_23354121.jpg

朝、時間があったので雑誌を読んだ。
毎月20日に自転車雑誌が発売になる。
「CYCLE SPORTS」と「funride」と「BICYCLE CLUB」だ。
いつもまとめて3冊買う。
役に立つ順番に並べてみた。

「CYCLE SPORTS」はいわば老舗で、記事も広告もダントツ。
特にトレーニング関係の記事が多いし、専門家のコラムも多いのでいつも読むのが楽しみだ。
今週は「ヒルクライムレース 優勝ライダー大解剖」と言う記事で、ヒルクライムレースの優勝者のトレーニング方法などを特集していた。
富士山優勝の村山さんも出ていた。
噂には聞いていたが、フルタイムワーカーで毎朝4時半から3時間、100kmのトレーニングをこなすらしい。雨の日はもちろんローラー台でトレーニング。
富士山2位の筧さんも出ていた。
彼は前にもヒルクライム特集で練習内容が出ていたが、フルタイムワーカーで毎日2時間走る。
やっぱりみんな月に2000kmは乗ってるんだなー、速いわけだ。
自分に目標になりそうな人達の記事を取り上げてくれると、本当にためになるし、やる気が出てくる。

「funride」は富士山のレースの企画&スポンサーなので、今月は楽しみにしていたのだが、1面見開きの空撮写真だけでガッカリだった。
「funride」はレースに出るような人が読むための雑誌と言われている。
特に毎月DVDが付いてきて、国内や海外のレースレポート、自転車の乗り方やメンテの方法などを映像で見ることができる。
テレビではめったに見ることのできないMTBのクロスカントリーレースなんかも見れちゃってけっこう僕としては興味深い。
来月のDVDは富士山のレースレポートなので今から楽しみだ。僕もきっと映っているだろう。
そう言えばバテてるところでカメラバイクが横に走ってたっけ。。
ヘロヘロなところが映ってなければいいけど・・・。

最後に「BICYCLE CLUB」。
これはオマケで買ってる感じで、自転車の入門者用雑誌。
写真が多いのと、たまに参考になる記事が出てるのでなんとなく買っている。
あの手この手で初心者にロードバイクやMTBを買わせようとしている気もするけど、日本の自転車人口を増やすために一番貢献している雑誌だと思う。

「BICYCLE CLUB」の今週の特集は「100kmを走るためのテクニック」だった。
100kmは普通に走るから興味なかったけど、実走レポートの場所が秩父だった。
しかも僕のトレーニングコース。
「都心から1時間半という好アクセスながら、「秘境」ムードも味わえる」だそうだ。確かにそうかも。。
秩父駅をスタートしてR299の志賀坂峠を超えて群馬に出る、群馬から再度埼玉に入り長瀞に出て秩父に戻ってくるというコースになっていた。
なるほど。まあ秩父の道では平坦な方で初心者向けかもねー。
群馬側の道が狭くて僕はあまり行かないけど。ちょうど長瀞から100kmのコースを探していたからちょうどいいかもしれない。
今回はすごく参考になりました。

「funride」も特集でR299を走る記事が出ていた。
志賀坂峠がここにも出てきて、何気に取り上げられる確率がすごい。
今月の自転車雑誌は自分のためにあるような錯覚に陥ってしまった。
[PR]

by sekinao1 | 2005-06-22 23:57 | 練習


<< 自転車雑誌      引越大作戦 Part1 >>