2005年 06月 20日

COOL BIZ

暑いですね。
暑い時期と寒い時期は、気象庁の1時間毎の速報値を見るのが楽しみだ。
府中と秩父は30℃超えたみたい。
アーバンな都心は27℃。それでも朝から汗だくだった。
「仙台は夏涼しいっすよ!」と、ジーケンさんが言ってた。うらやますぃー。

僕の中で28℃が上着を着ていかない温度。
今まではそれを頑なに守り、目覚ましテレビでチカちゃんが「東京は28℃」と言うまで上着を着ていた。
実は今日がまさにその日だった。でも最近はけっこういい加減で、ちょっと暑そうだと思ったら上着を着ないで出勤している。
チカちゃんが降板して、あいちゃんになったからではない。
乗換えでけっこう歩くので、28℃まで我慢できなくなってしまった。。

そもそもこの蒸し暑い真夏の日本でスーツを着ること自体頭おかしい!と、ずっと、ず~~~っと前から思っている。
「清涼スーツ」だとか「風通るシャツ」だとか、もういいかげん悪あがきはやめたらどうかと思う。
夏のサラリーマンの正装は日本人らしく男性は甚平、女性は浴衣にするべきだと密かに思っているほどだ。
最近になってやっと「クールビズ」などと言って流行り始めたが、時代を先取りする?僕に言わせれば何を今さらだ。

「クールビズ」のポイントはノーネクタイ、ノー上着。
府中の職場にいた時も、T○Sとしてはスーツ着用だけどノーネクタイならOKと言われた。
でもノーネクタイって酔っぱらいが終電で帰る時みたいでだらしない(そんな時も僕はネクタイ着用だけど)。
ノーネクタイでもだらしなくないシャツのファッションショーがあったとニュースで見た。だらしなかった。。
でもみんながノーネクタイになれば、何も感じなくなると思う。
ずっと前から「クールビズ」を続けてきた僕は、今のところ「上着は着ないでネクタイは着ける」が一番良いと思う。
なのでいくら暑くてもネクタイは頑なに着けて出勤する。

5年前に一度だけネクタイを着け忘れて出勤したことがあった。
コートを着たらネクタイのことをすっかり忘れてしまった季節は冬。
夏ではなかったので油断したのか?昼休みに近所の無印良品にネクタイを買いに走った。。
夏なら「クールビズ」って言い訳できたのに。。って当時そんな言葉はなかった。
[PR]

by sekinao1 | 2005-06-20 16:13 | 徒然なること


<< COOL BIZ      ラスト裏ヤビツ >>