アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 27日

雁坂登山

猛暑です。

こういう時は足のリハビリを兼ねて涼しい所へ・・
ということで登山してきました。


R140、雁坂トンネル手前の出会いの丘駐車場に駐車。
9:35スタート。

豆焼橋を渡り、トンネル右の林道に入ります。
c0070357_12292135.jpg

9:42。気温は27℃くらい。
c0070357_12282134.jpg

林道は1.5㎞。
本格的な山道に入る。9:56。
c0070357_12303640.jpg

いきなり険しい急勾配。。
道も狭く、足を踏み外したら谷へまっさかさまな場所が多く、慎重に進む。

途中下ってきたおじさんとすれ違う。
「テンポいいねー」と言われたが、ペースがわからん。
オーバーペースか??

3.3㎞地点、あせみ峠。10:25。
c0070357_12315747.jpg

こんなキツイ道があと5㎞も続くかと思うとゲンナリするが、ちょうどここから勾配も落ち着いてきた。
c0070357_12325659.jpg

4.3㎞地点。
c0070357_12331960.jpg

濡れると滑りやすいと言われている木道。11:18。
c0070357_12374081.jpg

今日は幸い乾いていた。

しかしこの辺りからゴロゴロと雷鳴。。
c0070357_12383542.jpg

雲行きが怪しい。
とりあえず雁坂小屋まで目指す。

雁坂小屋手前のトイレ。
c0070357_12423199.jpg

雁坂トンネルができる98年までこの山道が国道140号だったので、国道上に立つ国道トイレってことで有名。11:45。

雁坂小屋。
c0070357_12442453.jpg

管理人さんは不在のようだったが、鹿は居た。

汗だくなので助かった。
c0070357_124632.jpg

雁坂峠までは500mだがキツイ登り。

到着。12:00ちょうど。
c0070357_1247384.jpg

山梨方面が一望できる。
c0070357_1248206.jpg

まだ所々黒い雲がゴロピカしているが、降られはしなかった。

標高2082m。
c0070357_12524990.jpg

12:20まで休憩して甲武信岳方面。
尾根沿いのいい感じの山道。
c0070357_1251460.jpg

高原らしい雰囲気が出てきたし、だいぶ涼しくて気持ちいい。

今日の目標だった雁坂嶺到着。12:37。
c0070357_12534942.jpg

峠から200m一気に登ってきたらしい。

ここまで出会いの丘からちょうど3時間(休憩30分ほど含む)だった。

しばらく甲武信岳方面へ行ってみるが・・
c0070357_1256876.jpg

13:00過ぎたので引き返す。
天気は心配ない感じ。

峠の案内図がわかりやすい。13:34。
c0070357_12574514.jpg

雁坂小屋へ下る。

水分確保して下山。13:52。
c0070357_12595047.jpg

途中、黒岩展望台に立ち寄る。

木に掴まりよじ登る感じの急斜面で岩場も狭いが2~3分で到着。
c0070357_132739.jpg

下って来た雁坂嶺が一望できる。

ここからひたすら斜面左方向への下り。

足の着地の角度が斜面に合わせなければならないので、続けていたら足の裏が痛くなってきた。
c0070357_13113416.jpg


足の裏のリハビリ目的だったが・・再発しないように大事に行く。

あせみ峠で休憩。
山道は残り1.8㎞ほど。15:15。

あせみ峠からは急勾配の下り。
狭い砂利道なのでかなり慎重に行く。
c0070357_13151559.jpg

前モモがヤバい。

林道終点で15:47。
林道沿いに流れている沢で足を冷やしてだいぶ復活。

そんな感じでゆっくり下って帰りも雁坂嶺から3時間くらいでした。
距離20㎞くらい、標高差1300弱ってところか?

ちょっとリハビリ中にしてはハードすぎたかもしれないが、特に足の痛みも出ず無事行って来れたので自信になった。

自転車オンリーの方にも、ボディーバランスを整える意味で登山はおススメです。
有酸素運動だしね。


次回は川又からのコースに挑戦したい。
[PR]

by sekinao1 | 2012-07-27 22:12 | 登山


<< 雁坂登山2      ビルドアップ練 >>