アホちゃりぶろぐっ!!

sekinao.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 12日

疲労除去の法則

仕事(試験)はまあまあ順調に進んでいると言えるけど、相変わらず帰りは遅い。
昨日は帰りが何時になろうが、最初からあきらめて本社に泊まる準備をしてきた。
結局昨日も23時に会社を出る。

23時に出れば余裕で家に帰れる。
でもあえて泊まりにしたのは朝ジムに行きたかったからだ。
どんなに帰りが遅くなっても、5月は平日2日はトレーニングしたい。
でなきゃ連休頑張った意味がない。
それと仕事の疲れがたまってきてだるいので、運動して程良く汗を流せば治るかも?と思った。

秋葉原の本社までは20分。コンビニで朝飯買って23時半に着いた。
寝る前には食べない、風呂も朝ジムでシャワー浴びるから入らない、と言うことで本社でやることは無し。
0時に寝た。

2月に本社に泊まった時から、毎晩泊まってると思われる社員が一人いる。
5月なので、さすがにもういないだろうと思ったが、昨日も誰かいた。たぶん同じ人。
行くと100%いるって事は毎晩来てるんだろうか?自分の家はないんだろうか?
まあ、人の心配よりも早めに起きれるかが問題だ。

何とか7時に起きて8時前に銀座のジムへ。
「残業が続く→運動ができなくて体の代謝が悪くなる→仕事の疲れが取れない」の悪循環にはまっている。
連休の合宿で広がった全身の血管に、仕事の疲れが一気に流れ込んだ感じだ。
ここでちょっと頑張って早起きしてジムか朝錬をやって汗を流せば、仕事の疲れは汗で流れるだろうと思ったが、その通りになった。
45分程軽くエアロバイク乗って汗流したら、体のだるさはなくなった。普段の状態に戻った気がする。

「仕事の疲れは運動で消す、運動の疲れは仕事で消す」の法則を発見。
やりすぎると破綻するだろうけど。。
[PR]

by sekinao1 | 2005-05-12 15:59 | 徒然なること


<< ノートパソコン購入計画 その2      疲労除去の法則 >>