2010年 04月 18日

ツール・ド・草津レポ

もう少し走れるかな?と思ったけど、さすがに高地レースは甘くない。

草津でやる気を貰ってきました。
ちなみに草津の湯は恋の病以外の万病に効くと言われているそうです。

今週は秩父で練習しててもしっかり走れなかったと思うので、そういう意味では良かったんじゃないでしょうか?

以下レポ。

<前日>
夜は軽く熱にうなされたのでDNSしようかな?と思う。
宿のキャンセル料とレース代損してでも行きたくない体調だったら行かないことにしようと思うが・・。

起きて30分ほどローラー乗ってみるがいつもと変わらない感じ。
鼻水も治まったし、起きていて辛くないのでとりあえず行くだけ行くか。

中央道をまっすぐ山梨に抜け、ツールド八ヶ岳行くの?ってルートで佐久~軽井沢~草津。
4時半過ぎ、4時間程で到着。

受付を済ませ宿にチェックイン。
晩飯と朝食の買出しなど済ませ22時には就寝するが、たいして熟睡できなかった感じ。

<当日>
6時起床。
少しは復活したかな?という感じだったけど、食欲がなく無理やり詰め込む。

8時過ぎに駐車場に移動して仕度してアップ。
草津の市街の坂利用してボチボチ強度も上げてみる。

短時間なら350ワット程度も軽く出て悪くない感じだが・・。
普通に走れるか、それとも維持できないか・・。

<レース>

9時40分過ぎに集合地点へ。
コンドルさんと談笑。

富士で毎年同じ集団になる、同じくM崎さんと挨拶。

招待選手は日本が誇るクライマー、狩野選手と長沼選手。
コンドルさん、M崎さん他でわかる人では強豪選手は毎年優勝の藤田さん、ARIのRYOさん、
龍勢で入賞ていたパン〇ーニのM本さん、K田さん他。
エントリーしていたzucchaさんはDNSみたい。

晴れてはいるが、かなりの強風と寒さで難レースが予想される。

スタート。
それ程ハイペースという程でもなく、大集団で進むが。。

すぐにジリジリ離される。。
コンドルさんが見つけて下がって来てくれたが・・付く事ができん。
この場面で心拍は167(84%)、パワーは緩い部分で250ワット程度だったから全然ダメ。。

僕のレースは5分で終了。
コンドルさんも集団に付けないのかな?と思ったがそのままのペースで集団を追って行ってすぐに見えなくなった。

あとはサイクリングを決め込むが、中間の殺生までけっこうな人に抜かれたので悔しいのもあり、
その後はできるだけ抜かれないように頑張るがパワーは200ワットをやっと越える程度でした。

タイムは44分44秒だったかな?
4並びでまさに今日を象徴するタイム(笑)。

優勝争いは、狩野・長沼両選手にRYOさんが付いて行くも、殺生あたりで下がって後続に吸収され、最後は藤田さん、コンドルさん達数人のスプリントだったらしい。

藤田さん優勝で、コンドルさんは3位。
コンドルさんは残り4㎞過ぎからジリジリ藤田さん達の先頭集団に追いついて最後は負けてしまったけど、おめでとうございました!

しかし中盤以降、ものすごい風で予想以上に難レースでした。
狩野選手のタイムは37分台、藤田さんが39分台で例年に比べて極端に遅いタイムでした。

ゴール後はコンドルさんがガタガタ震えて大丈夫か?状態だったのでさっさと二人で下山。
温泉にコンドル家と入りに行って、表彰式後にコンドル家と別れ、お土産買って早々に帰路に着く。
c0070357_21594015.jpg
だいぶ渋滞が予想されるので、高速を使わず軽井沢~下仁田~志賀坂を越えて秩父経由で帰ってきました。

そんな感じで、2010年の初戦は終了。
今年も春のレースはダメでした。

やる気をもらってきたのでまた頑張ろう。
c0070357_22121.jpg

コンドルさんお疲れ様でした。
コンドルの雛達の成長も楽しみにしています!

レースでお会いした皆さん、また次回もよろしくです。
[PR]

by sekinao1 | 2010-04-18 22:02 | レースレポート


<< 次いきます      ツール・ド・草津 >>